[新製品・サービス]

KDDI、スタンドアローン方式の5Gサービスを法人向けに提供開始

2022年2月21日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

KDDIは2022年2月21日、スタンドアローン(SA)方式の5Gサービスを、法人向けに提供開始した。SA方式は、ノンスタンドアローン(NSA)方式と異なり、4Gのネットワークを用いず、5G技術だけでネットワーク全体を構成する。SA方式の特徴の1つは、1つのネットワークを仮想的に分割(スライス)して通信品質を確保するネットワークスライシングが使えることである。

 KDDIは、法人に向けて、スタンドアローン(SA)方式の5Gサービス(以下、5G SA)を、2022年2月21日付で提供開始した。SA方式は、ノンスタンドアローン(NSA)方式と異なり、4Gのネットワークを用いず、5G技術だけでネットワーク全体を構成する(図1)。

図1:ノンスタンドアローン(NSA)方式とスタンドアローン(SA)方式の違い。SA方式は5G技術だけでネットワークを構成する。これにより、ネットワークを仮想的に分割して通信品質を確保するネットワークスライシングなどが使えるようになる(出典:KDDI)図1:ノンスタンドアローン(NSA)方式とスタンドアローン(SA)方式の違い。SA方式は5G技術だけでネットワークを構成する。これにより、ネットワークを仮想的に分割して通信品質を確保するネットワークスライシングなどが使えるようになる(出典:KDDI)
拡大画像表示

 SA方式の特徴の1つは、1つのネットワークを仮想的に分割(スライス)して通信品質を確保するネットワークスライシングが使えることである。これまで有線回線を利用してきた産業に5G SAを導入することで、無線化による業務効率化や低コスト化が期待できる。

 KDDIは今後、既存の基地局のソフトウェアを更新してSA方式で使えるようにしていく。

 5G SAの事例の1つが、AbemaTVが運営するインターネットテレビ「ABEMA」である(図2)。2月21日午後7時から配信するチャンネル「ABEMAMIX」の一部において、カメラ映像を5G SA対応スマートフォンに経由させて生中継する。

図2:5G SAを実際に商用利用する実証例として、インターネットテレビ「ABEMA」が5G SAを介したカメラ映像の生中継を実施する(出典:KDDI)図2:5G SAを実際に商用利用する実証例として、インターネットテレビ「ABEMA」が5G SAを介したカメラ映像の生中継を実施する(出典:KDDI)
拡大画像表示

 ABEMAの映像中継では、5G SAのネットワークスライシングによって、ABEMA用に通信品質を確保する。簡易な設備構成で、有線を経由した映像と同品質の映像を安定的に中継可能であることを確認するとしている。

関連キーワード

KDDI / 5G SA

関連記事

Special

-PR-

KDDI、スタンドアローン方式の5Gサービスを法人向けに提供開始KDDIは2022年2月21日、スタンドアローン(SA)方式の5Gサービスを、法人向けに提供開始した。SA方式は、ノンスタンドアローン(NSA)方式と異なり、4Gのネットワークを用いず、5G技術だけでネットワーク全体を構成する。SA方式の特徴の1つは、1つのネットワークを仮想的に分割(スライス)して通信品質を確保するネットワークスライシングが使えることである。

PAGE TOP