[調査・レポート]

ウェアラブルデバイスはイヤホンなどの耳装着型が前年同期比242.4%と急成長─IDC Japan

2019年12月25日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2019年12月25日、2019年第3四半期(7月~9月)におけるウェアラブルデバイスの出荷台数を発表した。米IDCが発行する『Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker 2019Q3』によると、2019年第3四半期の世界のウェアラブルデバイス出荷台数は、前年同期比94.6%増の8449万台となった。このうち腕時計型は2359万台で前年同期比33.1%の増加、リストバンド型は1915万台で前年同期比48.6%の増加、耳装着型デバイスは4066万台で前年同期比242.4%増と著しい成長を示した。

 2019年第3四半期の世界のウェアラブルデバイス出荷台数のうち、耳装着型ウェアラブルデバイスは4066万台で、前年同期比242.4%増と著しい成長を示した。米IDCでは、耳装着型ウェアラブルデバイスについて「ウェアラブルデバイスの主要なカテゴリーの1つになった」としている。

 米IDCによると、耳装着型ウェアラブルデバイスは、スマートフォンベンダーがスマートフォンからイヤフォンジャックを取り除き、ワイヤレス環境へと移行することから始まった。さらに、ユーザー体験を拡大するために音声アシスタント機能を追加した。価格も大幅に下がり、20ドルを下回るものも登場した、としている。

 『Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker 2019Q3』では、国内のウェアラブルデバイス出荷台数についても公表している。2019年第3四半期の国内のウェアラブルデバイス出荷台数は合計で163.9万台となり、前年同期比227.9%の大幅増となった。

 IDC Japanでは、「アップルのAirPodsとAppleWatchの出荷が市場全体の伸びをけん引する状態が続いている」としている。IDC Japanではまた、耳装着型ウェアラブルデバイスの用途について、「音声アシスタント機能を利用しなくてもイヤフォン・ヘッドフォンとして利用できるが、5G時代に向けて新しいユースケースの開拓が期待される」という旨のコメントを出している。

●Next:トップ5カンパニーの動向(世界市場)

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

IDC

関連記事

Special

-PR-

ウェアラブルデバイスはイヤホンなどの耳装着型が前年同期比242.4%と急成長─IDC JapanIDC Japanは2019年12月25日、2019年第3四半期(7月~9月)におけるウェアラブルデバイスの出荷台数を発表した。米IDCが発行する『Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker 2019Q3』によると、2019年第3四半期の世界のウェアラブルデバイス出荷台数は、前年同期比94.6%増の8449万台となった。このうち腕時計型は2359万台で前年同期比33.1%の増加、リストバンド型は1915万台で前年同期比48.6%の増加、耳装着型デバイスは4066万台で前年同期比242.4%増と著しい成長を示した。

PAGE TOP