[新製品・サービス]

NECとシーメンスがIoT基盤で協業、IoTデータの収集・蓄積から監視・分析までトータルで支援

2020年3月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECとシーメンスは2020年3月9日、IoTシステムを対象とした監視・分析サービスで協業したと発表した。両社は、両社の製品サービスを組み合わせて販売する。産業用のIoT基盤ソフトウェア「MindSphere」(ドイツのSiemensが開発)と、異常検知に役立つNECのAI技術「インバリアント分析技術」を組み合わせて提供する。

 NECとシーメンスは、IoTシステムを対象とした監視・分析サービスで協業した。両社の製品サービスを組み合わせ、IoTセンサーデータの収集・蓄積から監視・分析までを、それぞれのユーザーのニーズに応じたカスタマイズを含めてトータルで提供する(画面1)。

画面1:監視・分析画面のイメージ(出典:NEC)画面1:監視・分析画面のイメージ(出典:NEC)
拡大画像表示

 具体的には、シーメンスのIoT基盤ソフトウェア「MindSphere」を使って現場のIoTセンサーデータを収集・蓄積し、NECのインバリアント(invariant:不変関係)分析技術で監視・分析までを自動で行う。まずは、製造業向けにクラウドサービスとしてとして提供を開始し、工場のシステムや製造ライン、プラントなどの設備や、これらの設備を用いて生産する製品に適用する。

 シーメンスのMindSphereは、産業用のIoT基盤ソフトウェアである。IoTデータを活用した産業用アプリケーションを開発・運用するための機能群を、PaaSサービス(クラウド型の開発・運用基盤)として提供している。

 NECのインバリアント分析技術は、計測値同士の相関関係をモデル化するAI技術であり、異常検知に利用できる。IoTセンサーデータから、通常時のシステムの稼動状態を自動的にモデル化する。通常通りではない異常なイベントが発生した際に、これを検知できる。しきい値による監視よりも早く異常を検知できるため、故障の予兆の検知に適する。

 NECとシーメンスが協業した背景には、IoTセンサーデータを収集して可視化/分析するニーズが高まる一方で、こうしたシステムをユーザー自身で構築するのは難しいという状況がある。データ収集・蓄積から監視・分析までの一連の流れをシステム化する必要があるが、IoTシステムに関する知識やデータ分析での着眼点など独自のノウハウなどが求められる、としている。

関連キーワード

NEC / MindSphere / Siemens / インバリアント分析

関連記事

Special

-PR-

NECとシーメンスがIoT基盤で協業、IoTデータの収集・蓄積から監視・分析までトータルで支援NECとシーメンスは2020年3月9日、IoTシステムを対象とした監視・分析サービスで協業したと発表した。両社は、両社の製品サービスを組み合わせて販売する。産業用のIoT基盤ソフトウェア「MindSphere」(ドイツのSiemensが開発)と、異常検知に役立つNECのAI技術「インバリアント分析技術」を組み合わせて提供する。

PAGE TOP