ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

エンカレッジ・テクノロジ、テレワーク時の働き方を監視できる「ESS REC NEAO」を販売開始

2020年3月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

エンカレッジ・テクノロジは2020年3月9日、Windowsの操作を映像(動画)として記録する内部統制セキュリティソフトウェア「ESS REC」の新エディションで、オフィス業務の監視を目的とした「ESS REC NEAO」の提供を開始した。社員がWindowsを操作している時間を把握して働き方の実態を可視化する機能や、RPA(ロボットによる業務自動化)ロボットの動作を監視する機能を提供する。

 ESS REC NEAOは、テレワーク環境における働き方の監視や、RPAロボットの監視などに利用できる監視ソフトウェアである(関連記事エンカレッジ・テクノロジ、RPAロボの動作や社員の働き方を監視できるツール「ESS REC NEAO」)。既存のシステム証跡監査ソフトウェア「ESS REC」をベースに、オフィス業務の監視に特化したエディションとして提供する。

 機能のベースとなるESS RECは、Windowsの操作を映像(動画)として記録する内部統制セキュリティソフトウェアである。ファイル操作などの操作ログも、テキストログとして動画と並行して記録する。同一時刻の動画とテキストログを組み合わせることで、情報漏えいなどの原因を突き止めやすくなる。これに対してESS REC NEAOは、オフィス業務の監視に特化している。

 テレワークなどにおける働き方の実態を可視化する機能を備える(画面1)。個々の社員がWindowsを操作している時間帯と操作していない時間帯をレポートにまとめて可視化する。Windowsの操作ログだけでなくWindows操作の録画データの変化から、Windowsを操作しているかどうかを把握する。

画面1:Windowsを操作している時間帯と操作していない時間帯を可視化できる(出典:エンカレッジ・テクノロジ)画面1:Windowsを操作している時間帯と操作していない時間帯を可視化できる(出典:エンカレッジ・テクノロジ)
拡大画像表示

 RPAロボットの動作を監視する機能も備える。RPAソフトウェアからESS REC NEAOにロボットの動作データを引き渡し、ESS REC NEAO上でRPAの稼働状況を監視する仕組み。このために必要になる、RPAソフトウェアの機能を拡張するプラグイン(まずはUiPathとWinActor)を用意した。

関連キーワード

内部統制 / エンカレッジ・テクノロジ / テレワーク / 在宅勤務

関連記事

Special

-PR-

エンカレッジ・テクノロジ、テレワーク時の働き方を監視できる「ESS REC NEAO」を販売開始エンカレッジ・テクノロジは2020年3月9日、Windowsの操作を映像(動画)として記録する内部統制セキュリティソフトウェア「ESS REC」の新エディションで、オフィス業務の監視を目的とした「ESS REC NEAO」の提供を開始した。社員がWindowsを操作している時間を把握して働き方の実態を可視化する機能や、RPA(ロボットによる業務自動化)ロボットの動作を監視する機能を提供する。

PAGE TOP