[新製品・サービス]

Nutanix Clusters on AWS、HCIソフトウェアをAWSのベアメタルサーバー上で従量課金型で提供

2020年8月13日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ニュータニックス・ジャパンは2020年8月13日、HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)アプライアンスを構築するOSソフトウェアを、Amazon Web Services(AWS)のベアメタルインスタンスで稼働させて提供するサービス「Nutanix Clusters on AWS」を開始した。ユーザーは、Amazon VPC内でNutanixのHPCサーバーを利用できる。

 ニュータニックス・ジャパンは、台数を増やすだけで規模を拡張できる仮想サーバー基盤であるHCIアプライアンスを提供している(関連記事ニュータニックスが仮想化基盤のOSを強化、GPU対応・デプロイ機能・1ノード構成など実現)。個々のノードは、ローカルストレージを内蔵したPCサーバー機であり、ここでサーバー仮想化ソフトと分散ストレージソフトを動作させている。

 HCIの製品展開として、自社ブランドのHCI製品「Nutanix NXシリーズ」の販売に加えて、PCサーバーベンダー各社のHCI製品にOSソフトウェアをOEM供給してきた。さらに、OSソフトウェアを単体のソフトウェアライセンス「Nutanix Enterprise Cloud OS」として販売しており、いくつかのPCサーバーでの動作を保証している(関連記事NutanixがOSソフトウェア単体でライセンス販売、主要ハードでの動作を保証)。

 今回、HCIの製品展開を拡大し、パブリッククラウドのベアメタルサーバーインスタンスと組み合わせた製品を用意した。オンプレミスやプライベートクラウドで動作させているNutanixのHCIアプライアンスと同様に、共通の管理ツールから一元的に管理できる。業務サーバーのワークロードをオンプレミスからパブリッククラウドに移行するといったことが容易にできる。

 第1弾として、Amazon EC2のベアメタルインスタンスと組み合わせた「Nutanix Clusters on AWS」を開始した(図1)。ユーザーは、Amazon VPC(仮想プライベートネットワーク)内でNutanixのHPCサーバーを従量課金型で利用できる。年間最低利用額を前払いすることで利用額を割り引く課金モデルも用意した。

図1:HCIのOSソフトウェアをAWSのベアメタルインスタンスで稼働させて従量課金型で提供(出典:ニュータニックス・ジャパン)図1:HCIのOSソフトウェアをAWSのベアメタルインスタンスで稼働させて従量課金型で提供(出典:ニュータニックス・ジャパン)
拡大画像表示

 価格(税別)は、ベアメタルインスタンス「z1d.metal」と組み合わせる場合、OSの下位エディション「Nutanix Acropolis OS Pro」が1ノード1時間あたり129円から、OSの上位エディション「Nutanix Acropolis OS Ultimate」が1ノード1時間あたり154円から。なお、ベアメタルインスタンスとして、z1d.metalのほか、i3en.metal、i3en.metal、m5d.metalも利用できる。

関連キーワード

HCI / Amazon EC2 / Nutanix

関連記事

Special

-PR-

Nutanix Clusters on AWS、HCIソフトウェアをAWSのベアメタルサーバー上で従量課金型で提供ニュータニックス・ジャパンは2020年8月13日、HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)アプライアンスを構築するOSソフトウェアを、Amazon Web Services(AWS)のベアメタルインスタンスで稼働させて提供するサービス「Nutanix Clusters on AWS」を開始した。ユーザーは、Amazon VPC内でNutanixのHPCサーバーを利用できる。

PAGE TOP