ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士ゼロックス、テレワーク用ブースCocoDeskを40台に倍増、オフィスビル入口にも展開

2020年8月18日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士ゼロックスは2020年8月18日、テレワーク用途の個室型ワークスペース「CocoDesk」の設置場所を順次拡大し、設置数を20台から40台に倍増させると発表した。神奈川県内で初めてとなる京急電鉄「京急川崎」駅構内に設置するほか、都内のオフィスビルエントランスにも設置する。

写真1:テレワーク用途の個室型ワークスペース「CocoDesk」の外観写真1:テレワーク用途の個室型ワークスペース「CocoDesk」の外観
拡大画像表示

 富士ゼロックスのCocoDeskは、駅構内や展示会場、オフィスビルなどに設置する、ボックス型のワーキングスペースである(関連記事富士ゼロックス、15分単位で利用できるテレワーク用ブース、東京メトロ駅構内7カ所から順次開始)。ボックス内に、机、椅子、電源、無線LAN、ディスプレイなど、個人のテレワーク業務に必要となる要素を揃えている(写真1)。場所によってはエアコンも装備する。

 サービスは2020年2月20日に、東京メトロ駅構内を皮切りにスタート。2020年8月20日から設置場所を順次拡大し、設置数を20台から40台に倍増させる(図1)。内訳は、東京メトロ駅構内の設置場所を拡大に加え、神奈川県内で初めてとなる京急電鉄「京急川崎」駅構内に設置する。さらに、商談前の準備や会社への報告などに使いやすいように、都内のオフィスビルエントランスにも設置する。

図1:「CocoDesk」の設置場所を40台へと増やす(出典:富士ゼロックス)図1:「CocoDesk」の設置場所を40台へと増やす(出典:富士ゼロックス)
拡大画像表示

 追加する20台を含めた設置場所(合計40台)は、表1の通り。

表1:CocoDeskの設置場所
場所の種類 設置場所 台数
オフィスビル 秋葉原UDX
8/25オープン
2台
アーバンネット大手町ビル
8/25オープン
2台
グランパークタワー(田町)
8/31オープン
2台
品川イーストワンタワー
8/20オープン
2台
品川シーズンテラス
8/20オープン
2台
駅構内(京急電鉄) 京急川崎駅
8/31オープン
2台
駅構内(東京メトロ) 溜池山王駅(銀座線) 2台
溜池山王駅(南北線) 1台
溜池山王駅(南北線)
国会議事堂前駅(千代田線)
2台
霞ケ関駅(日比谷線)
8/27オープン
2台
大手町駅(東西線)
8/27オープン
2台
大手町駅(半蔵門線)
8/25オープン
1台
明治神宮前駅(千代田線) 1台
明治神宮前駅(副都心線) 1台
赤坂駅(千代田線) 1台
池袋駅(有楽町線) 1台
月島駅(有楽町線) 1台
半蔵門駅(半蔵門線) 1台
三越前駅(半蔵門線)
8/27オープン
1台
水天宮前駅(半蔵門線) 2台
六本木一丁目駅(南北線) 2台
四ツ谷駅(南北線)
8/20オープン
2台
市ケ谷駅(南北線)
市ケ谷駅(有楽町線)
2台
後楽園駅(南北線) 1台
新宿三丁目駅(副都心線) 2台
関連キーワード

富士ゼロックス / CocoDesk

関連記事

Special

-PR-

富士ゼロックス、テレワーク用ブースCocoDeskを40台に倍増、オフィスビル入口にも展開富士ゼロックスは2020年8月18日、テレワーク用途の個室型ワークスペース「CocoDesk」の設置場所を順次拡大し、設置数を20台から40台に倍増させると発表した。神奈川県内で初めてとなる京急電鉄「京急川崎」駅構内に設置するほか、都内のオフィスビルエントランスにも設置する。

PAGE TOP