[市場動向]

NEC、スイスの大手金融ソフトウェア企業「Avaloq Group AG」を2021年4月までに買収

2020年10月5日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2020年10月5日、スイスの大手金融ソフトウェア企業「Avaloq Group AG」を買収する。具体的には、Avaloqの100%親会社であるオランダの「WP/AV CH Holdings I B.V.」の全株式を、買収のためにオランダに設立する特別目的会社を通じて取得する。取得価額は20.5億スイスフラン(約2360億円)で、2021年4月までの買収完了を予定する。

 NECは、スイスの大手金融ソフトウェア企業であるAvaloqを買収する(記事末の表1)。狙いは、デジタル技術を活用した金融サービス領域のソフトウェアと知識を獲得することである。NECが持つ生体認証やAIなどの技術と、Avaloqのソフトウェアを組み合わせ、新たなSaaSサービスを創出する。金融資産管理のSaaSを第1弾として、金融サービス領域や政府サービス領域の事業をグローバルで拡大する(図1)。

図1:金融資産管理SaaSを第1弾として、グローバルで金融サービス領域や政府サービス領域の事業を拡大する(出典:NEC)図1:金融資産管理SaaSを第1弾として、グローバルで金融サービス領域や政府サービス領域の事業を拡大する(出典:NEC)

 Avaloqは、キャッシュレスや中央銀行デジタル通貨の研究といった金融サービスのデジタル化が進むスイスを中心に、金融機関向けソフトウェア事業を展開している企業である(図2)。世界30カ国150社を超える顧客を持つ。SaaSやメンテナンスといった、継続的に利益が得られる事業が売上の70%を占める。中心金融資産管理ソフトウェアは欧州でシェア1位、アジア太平洋地域でシェア2位という。

図2:Avaloqの概要。金融資産管理ソフトウェアや、デジタル技術を活用した金融サービス分野に強みがあるとしている(出典:NEC)図2:Avaloqの概要。金融資産管理ソフトウェアや、デジタル技術を活用した金融サービス分野に強みがあるとしている(出典:NEC)
拡大画像表示

 市場の背景として、金融業界では、デジタル技術を活用したサービスの創出による新たな収益源の獲得が進んでいる。こうしたサービスの迅速な導入に向けて、ソフトウェアの活用が広がっている。また、デジタルIDやデジタルトークン(権利証)などを起点に、行政サービスと金融サービスの融合を通じて、より公平・効率な市民サービスの実現を目指す機運が高まっている。

表1:Avaloqの概要(出典:NEC)
社名 Avaloq
本社 スイス
従業員数 約2300人
事業概要 勘定系システム/金融資産管理向けのソフトウェア&サービスを提供
CEO Juerg Hunziker
業績 売上:約6.1億スイスフラン(約700億円:2019/12)
NECによる買収金額 20.5億スイスフラン(約2360億円)
関連キーワード

NEC / Avaloq

関連記事

Special

-PR-

NEC、スイスの大手金融ソフトウェア企業「Avaloq Group AG」を2021年4月までに買収NECは2020年10月5日、スイスの大手金融ソフトウェア企業「Avaloq Group AG」を買収する。具体的には、Avaloqの100%親会社であるオランダの「WP/AV CH Holdings I B.V.」の全株式を、買収のためにオランダに設立する特別目的会社を通じて取得する。取得価額は20.5億スイスフラン(約2360億円)で、2021年4月までの買収完了を予定する。

PAGE TOP