ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士通、新しい働き方を支援する17用途59製品を「FUJITSU Work Life Shift」として体系化

2020年10月9日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2020年10月9日、ニューノーマル時代の新しい働き方を実現する製品サービスを17種59製品に体系化した「FUJITSU Work Life Shift」を発表した。グローバル拠点を含む富士通の全社員約13万人による働き方改革の実践知と技術を融合させたとしている。販売目標は、2023年度(2024年3月期)までに関連事業で1000億円。

 富士通は、ニューノーマル時代の新しい働き方を実現する製品サービスを、17種59製品に体系化した。目的に応じて、「Smart Working」(最適な働き方の実現)、「Borderless Office」(オフィスのあり方の見直し)、「Culture Change」(社内カルチャーの変革)、――の3つのカテゴリーに分かれる。

 富士通が自社で実践して得たノウハウや技術に加えて、すでにユーザーに提供しているものを含めて、17種59種の製品サービスを用意した(記事末の表1)。個々のユーザーに合わせて、これらを組み合わせて提供する。

 新たに提供する製品サービスの1つが、オンライン上に仮想的な仕事空間を実現してコミュニケーションがとれる「FUJITSU Collaboration Space」である。2020年11月30日から提供する。価格は、サービス利用料(月額/年額)、導入教育サービスともに、個別見積もり。

表1:主要7種の問題解決策と製品サービスの例
カテゴリー 主な用途(問題解決策) 製品サービスの例
Smart Working
(最適な働き方の実現)
Modern Workspace
(Microsoft 365やTeams、Boxなどのサービスを、グローバル共通のテンプレートを使って最短5営業日で提供する)
コミュニケーション基盤「簡易スタートアップサービス」【提供済み】
Secure Remote Working
(クラウド型の仮想デスクトップサービスを最短5営業日で提供する)
仮想デスクトップサービス「V-DaaS」【提供済み】
シンクライアント端末サブスクリプションサービス「マネージドデバイスサービス」【10月下旬提供予定】
Zero Trust Network
(VPNなどの制限付きのネットワークをはじめ、簡単に拡張・縮退できるゼロトラスト・ネットワーク環境をクラウドサービスとして提供する)
ネットワークセキュリティサービス「FENICS CloudProtectシリーズ」【2020年3Q提供予定】
Borderless Office
(オフィスのあり方の見直し)
Customer Experience Center
(富士通のサービスデスクを使い、電話、Web、チャットなどを介してモバイルワークに必要な各種申請や問い合わせが受けられるサービスを提供する)
サービスデスク「Intelligent Service Desk」【2020年3Q提供予定】
Workplace Support
(グローバル180カ国以上で、端末提供や修理などのオンサイトサービスを提供する)
オンサイトサポート「グローバルオンサイトオペレーション」【提供済み】
端末修理サポート「テレワークパック」【10月下旬提供予定】
Culture Change
(社内カルチャーの変革)
Virtual Collaboration
(共創空間を提供する新たなサービス「FUJITSU Collaboration Space」などによる共働の促進を支援する)
コラボレーション基盤「FUJITSU Collaboration Space」【11月30日提供開始】
Workforce Analytics
(富士通のAI技術とMicrosoft 365 AIを活用してPC利用状況を可視化する)
業務可視化サービス「Zinrai for 365 Dashboard」【提供済み】
関連キーワード

富士通

関連記事

Special

-PR-

富士通、新しい働き方を支援する17用途59製品を「FUJITSU Work Life Shift」として体系化富士通は2020年10月9日、ニューノーマル時代の新しい働き方を実現する製品サービスを17種59製品に体系化した「FUJITSU Work Life Shift」を発表した。グローバル拠点を含む富士通の全社員約13万人による働き方改革の実践知と技術を融合させたとしている。販売目標は、2023年度(2024年3月期)までに関連事業で1000億円。

PAGE TOP