アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

クライム、SAPデータをExcelで登録/抽出できるツール「Syniti Data Workbench」

2021年6月16日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

クライムは2021年6月16日、SAPデータをExcelで登録/抽出できるツール「Syniti Data Workbench」の新版(Ver10)を発表した。SAP ERPやSAP S/4HANAへのデータの登録や、これらからのデータの抽出を簡素化する。システム管理者にデータの登録/抽出を依頼することなく、データ管理者みずからデータを登録/抽出できる。価格はオープン。14日間の無料評価版がある。開発会社は、米Syniti。

 Syniti Data Workbenchは、SAP ERPやSAP S/4HANAへのデータの登録や、これらからのデータの抽出を簡素化するツールである(図1)。Windowsデスクトップ上でスタンドアロン型で動作するツールであり、Excelをインタフェースとしてデータを登録/抽出できる。システム管理者にデータの登録/抽出を依頼することなく、データ管理者みずからデータを登録/抽出できる。

画面1:Syniti Data Workbenchの概要(出典:クライム)画面1:Syniti Data Workbenchの概要(出典:クライム)
拡大画像表示

 プログラミングすることなく、データを登録する設定やデータを抽出する設定ができる。ツールのインタフェースは分かりやすく、使い方を簡単に習得できるとアピールする。ツールの画面は日本語化されている。ユーザーの多くは、Syniti Data Workbenchをインストールした日に、データのアップロード/ダウンロードが行えている、という。

 具体的な使い方の手順は、以下の通りである。データをアップロードして登録する際には、SAPのトランザクションコードを入力し、編集したいフィールドを選択する。これにより、データ入力用のExcelファイルができる。データを抽出してダウンロードする際には、テーブルとフィールドを選択し、クエリー条件を入力する。これにより、データが入ったExcelファイルを入手できる。

関連キーワード

クライム / Syniti Data Workbench / SAP ERP

関連記事

Special

-PR-

クライム、SAPデータをExcelで登録/抽出できるツール「Syniti Data Workbench」クライムは2021年6月16日、SAPデータをExcelで登録/抽出できるツール「Syniti Data Workbench」の新版(Ver10)を発表した。SAP ERPやSAP S/4HANAへのデータの登録や、これらからのデータの抽出を簡素化する。システム管理者にデータの登録/抽出を依頼することなく、データ管理者みずからデータを登録/抽出できる。価格はオープン。14日間の無料評価版がある。開発会社は、米Syniti。

PAGE TOP