[事例ニュース]

竹中工務店、スマートグラスとTeamsで建設現場を遠隔支援する検証を実施

2021年7月27日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

竹中工務店は、スマートグラスとMicrosoft Teamsを用いて建設現場を遠隔支援する検証を2020年11月から同年6月まで実施した。スマートグラスを装着した作業者が、遠隔にいる複数の担当者とTeams経由で現場の映像を共有する仕組みを構築。生産性向上の効果を確認したとしている。システムを導入した日本システムウエア(NSW)が2021年7月27日に発表した。

 竹中工務店は、スマートグラスとMicrosoft Teamsで建設現場を遠隔支援する検証を実施した(写真1)。産業用スマートグラス「RealWear(HMT-1)」を装着した作業者が、遠隔にいる複数の担当者とTeams経由で現場の映像を共有し、遠隔で支援を受けられる仕組みを構築した。

写真1:スマートグラスとTeamsを活用した遠隔支援の様子(出典:日本システムウエア)写真1:スマートグラスとTeamsを活用した遠隔支援の様子(出典:日本システムウエア)

 システムの効果として、遠隔支援による作業時間の短縮や移動時間の削減、多くの関係者が参加できることによる手戻り防止、立会の日程調整を臨場検査の時間帯だけで行えるなど、生産性向上の効果を確認した。また、安全確保の面でも、両手をフリーにしておきたいケースにおいて優位性を実証した。

 今後の実運用では、対象業務に要する時間について、従来比で30~50%の削減を見込んでいる。また、熟練者の若手技術者支援や、建設現場の安全巡回点検など、適用業務の範囲を広げるべく、検証を進めていく。

 なお、導入したスマートグラスのRealWearは、音声認識機能を備えており、100%ハンズフリーで利用できる産業用スマートグラスである。テレビ会議ソフトを使った遠隔作業支援や、作業手順を表示して作業内容を記録する作業管理などの用途で使われている。記事執筆現在、グローバルで2500社、国内は大手企業を中心に600社が導入しているという。

関連キーワード

竹中工務店 / 日本システムウエア / スマートグラス / Teams / 工場 / 製造

関連記事

Special

-PR-

竹中工務店、スマートグラスとTeamsで建設現場を遠隔支援する検証を実施竹中工務店は、スマートグラスとMicrosoft Teamsを用いて建設現場を遠隔支援する検証を2020年11月から同年6月まで実施した。スマートグラスを装着した作業者が、遠隔にいる複数の担当者とTeams経由で現場の映像を共有する仕組みを構築。生産性向上の効果を確認したとしている。システムを導入した日本システムウエア(NSW)が2021年7月27日に発表した。

PAGE TOP