[新製品・サービス]

NEC、工場向けコンピュータの省スペースモデルを刷新、Windows Serverを選択可能に

2021年8月30日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2021年8月30日、ファクトリーコンピュータ「FC98-NXシリーズ」の省スペースモデルを刷新したと発表した。3モデルで構成し、2021年9月6日から出荷する。新モデルでは、AI/IoTの活用による製造・検査の自動化などのニーズに向けて処理能力を高めた。販売目標は、今後5年間で4万5000台。

 NECのファクトリーコンピュータ「FC98-NXシリーズ」は、工場などの過酷な環境条件(温度、電源ノイズ、振動など)での24時間365日連続稼働を想定し、耐久性や可用性を高めている。システムの異常を監視して障害を未然に防ぐRAS(Reliability、Avabilaility、Serviceability)機能や、長期供給・長期保守(5年供給、7年保守)サービスを提供する。

 今回、5年間の製品供給期間を終える省スペースデスクトップ型3機種の後継機を発表した(写真1)。既存機種(FC-E23W/FC-E27B/FC-E22U)の出荷が終了する2021年9月から新機種(FC-E20W/FC-E22K/FC-E29U)の出荷を開始し、5年後の2026年8月まで出荷を続ける。

写真1:工場向けコンピュータの省スペースタイプ「FC-E20W」の外観写真1:工場向けコンピュータの省スペースタイプ「FC-E20W」の外観(出典:NEC)

 なお、FC98-NXシリーズには、今回刷新の対象となった3機種のほかにも、2Uラックマウント型(2機種)、デスクトップ型(3機種)、エントリータイプデスクトップ型(3機種)、ファンレスボックス型(2機種)がある。2020年12月には、ファンレスボックス型を発表している(関連記事NEC、工場向けコンピュータに「ファンレスボックスタイプ」を追加、防塵性や可用性を追求)。

Windows Serverプリインストールモデルを新たに用意

 省スペースデスクトップ型の新モデルでは、オンプレミスサーバーとして利用できるように、Windows Server OS「Windows Server IoT 2019」のプリインストールモデルを新たに用意している(FC-E20Wのみ選択可)。

 選択可能なOSは、「Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB日本語/英語」「Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSB日本語/英語」「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside 64bit日本語」の3種類。2021年12月にはOSレスモデルの提供を予定している。

 新モデルの刷新に伴い、処理能力も向上している。大容量データの高速な処理に向けて、ストレージにNVMe SSDを搭載したほか、ネットワークポートに10GbEを搭載している。また、画像処理用途に向けてGPUカードなどの拡張ボードを追加できるように、PCI Express(x16)を標準で搭載している。

 新モデルの価格は、以下のとおりである。

 
カテゴリー 製品名 価格(税別) 搭載CPU
省スペース FC-E20W 56万3000円から Xeon(8コア/16スレッド)
FC-E22K 50万5000円から Core i3(4コア/4スレッド)
FC-E29U 36万8000円から Celeron(2コア/2スレッド)
関連キーワード

NEC / FC98-NXシリーズ / ファクトリーコンピュータ / 工場 / Window Server / OT

関連記事

Special

-PR-

NEC、工場向けコンピュータの省スペースモデルを刷新、Windows Serverを選択可能にNECは2021年8月30日、ファクトリーコンピュータ「FC98-NXシリーズ」の省スペースモデルを刷新したと発表した。3モデルで構成し、2021年9月6日から出荷する。新モデルでは、AI/IoTの活用による製造・検査の自動化などのニーズに向けて処理能力を高めた。販売目標は、今後5年間で4万5000台。

PAGE TOP