[調査・レポート]

2022年の世界AI市場は4328億ドルで前年比19.6%増加、AIハードウェアが急成長─IDC

2022年3月17日(木)IT Leaders編集部

IDC Japanは2022年3月16日、全世界のAI市場についての予測を発表した。IDC Worldwide Semiannual Artificial Intelligence Trackerの最新リリースによると、ソフトウェア、ハードウェア、サービスの各カテゴリーを含む全世界のAI市場は、2022年には前年比19.6%の成長が見込まれ、売上額は4328億ドルを予測。2023年には5000億ドルを突破すると見積もっている。

 IDC JapanがIDC Worldwide Semiannual Artificial Intelligence Trackerの最新リリースを紹介している。それによると、ソフトウェア、ハードウェア、サービスの各カテゴリーを含む全世界のAI市場は、2022年には前年比19.6%の成長が見込まれ、売上額は4328億ドルを予測。同市場は2023年には5000億ドルを突破すると見積もっている。

 3つのカテゴリー(AIソフトウェア、AIハードウェア、AIサービス)のうち、2022年にはAIハードウェアとAIサービスの支出成長ペースが速まる。この結果、支出額におけるAIソフトウェアのシェアが若干低下する。この傾向は2023年まで続く。全体として、今後5年間で最も急速な支出増加が見込まれるカテゴリはAIサービスである。AIサービスの年間平均成長率(CAGR)は22%を予測している。一方、AIハードウェアのCAGRは20.5%を予測している。

 AIソフトウェアは、AIアプリケーションが2021年前半の支出額で47%を占めている(図1)。次いで、AIシステムインフラストラクチャソフトウェアが35%を占めている。成長率の観点で最も大きい伸びを予測しているのはAIプラットフォームであり、5年間のCAGRは34.6%を見込んでいる。最も成長が遅いセグメントはAIシステムインフラソフトで、5年間のCAGRは14.1%を予測している。

図1:AIソフトウェアの市場成長率(出典:IDC Japan)図1:AIソフトウェアの市場成長率(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 AIアプリケーションの中では、AI CRMやその他のAIアプリケーションと比べて、AI ERMが今後数年間で最も急速に成長する。IDC Worldwide Semiannual Artificial Intelligence Trackerで名前を挙げているすべてのソフトウェア市場のうち、最も急速な成長を見込んでいるのはAIライフサイクルソフトウェアであり、5年間のCAGRは38.9%を予測している。

 AIサービスの中では、AI ITサービスが2021年前半に前年比20.4%の成長を示し、世界全体の支出額が184億ドルに達した。成長率は、2022年には22%に伸び、予測期間の終わりまで同じペースで成長が続く見通しである。AIビジネスサービスも成長率の観点で大差はなく、5年間のCAGRは21.9%を見込んでいる。2025年には、AIサービスの全体的な支出額が526億ドルに達すると予測している。

●Next:成長著しいAIハードウェア市場

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

IDC / 市場予測 / 市場調査 / マシンラーニング / ディープラーニング

関連記事

Special

-PR-

2022年の世界AI市場は4328億ドルで前年比19.6%増加、AIハードウェアが急成長─IDCIDC Japanは2022年3月16日、全世界のAI市場についての予測を発表した。IDC Worldwide Semiannual Artificial Intelligence Trackerの最新リリースによると、ソフトウェア、ハードウェア、サービスの各カテゴリーを含む全世界のAI市場は、2022年には前年比19.6%の成長が見込まれ、売上額は4328億ドルを予測。2023年には5000億ドルを突破すると見積もっている。

PAGE TOP