[新製品・サービス]

ジュピターテクノロジー、ntopngを搭載したネットワーク監視装置、トラフィックをリアルタイムに分析

2022年5月10日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ジュピターテクノロジーは2022年5月10日、ネットワーク監視アプライアンス装置「BlueVault io-BX ntopng」の販売を開始した。イタリアntopのネットワーク監視ソフトウェア「ntopng」をPCサーバーにバンドルしてアプライアンス化した製品である。価格は要問い合わせ。

 ジュピターテクノロジーの「BlueVault io-BX ntopng」は、ネットワーク監視アプライアンス装置である(図1)。イタリアntopのネットワーク監視ソフトウェア「ntopng」をPCサーバーにバンドルしてアプライアンス化している。トラフィックデータを記録するストレージ容量に応じて、0TB/20TB/50TB/100TBの4モデルを用意した。

図1:ネットワーク監視アプライアンス装置「BlueVault io-BX ntopng」の概要(出典:ジュピターテクノロジー)図1:ネットワーク監視アプライアンス装置「BlueVault io-BX ntopng」の概要(出典:ジュピターテクノロジー)
拡大画像表示

 製品の中核となるntopngは、ネットワーク監視に必要な機能を一通り備えたソフトウェアである。トラフィックデータの記録とリアルタイム分析、RAWデータからのフロー分析、SNMP監視、サービズマップの自動生成、などができる。ntopngをインストールしたサーバーをスイッチのミラーポート/TAPに接続することによって、ネットワーク上を流れるデータを取得してストレージに記録する。

 GUI操作で時間範囲を指定し、目的のトラフィックをPCAP(パケットキャプチャ)形式で抽出可能である。こうして抽出してダウンロードしたPCAPファイルは、WireSharkなどの外部のパケット解析ソフトウェアを使って解析可能である。これにより、フロー分析で不足している情報が得られる。

 ダッシュボード画面では、ネットワークトラフィックをリアルタイムに分析可能。フロー分析は、NetFlow/sFlowデータ非対応のネットワーク機器についてもRAWデータから分析可能。日時指定、アプリケーション、IPアドレス、MACアドレス、トラフィックサイズといった各種フィルタを指定し、単一のフローまで追跡できる。

 アプリケーションの種別も判別する。Google Workspace、Microsoft 365、Zoom、Skypeなど、約250種のアプリケーションをトラフィックから判別する。また、自作アプリケーションについても、ユーザー定義によるアプリケーションの登録が可能である。

 サービスマップの自動生成機能も持つ。クライアントとサーバーの関係と、トラフィック量の大小を、マップ上に図示する。フィルタを使って特定のアプリケーション通信のサービスマップを表示したり、グルーピング機能を使って特定のIPアドレスを持つ機器だけをマップに表示したりできる。

関連キーワード

ジュピターテクノロジー / ntop

関連記事

Special

-PR-

ジュピターテクノロジー、ntopngを搭載したネットワーク監視装置、トラフィックをリアルタイムに分析ジュピターテクノロジーは2022年5月10日、ネットワーク監視アプライアンス装置「BlueVault io-BX ntopng」の販売を開始した。イタリアntopのネットワーク監視ソフトウェア「ntopng」をPCサーバーにバンドルしてアプライアンス化した製品である。価格は要問い合わせ。

PAGE TOP