[新製品・サービス]

運用管理ツール「Hinemos」でRPAツール「WinActor」のジョブ管理や稼働監視が可能に

2020年3月10日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ先端技術は2020年3月10日、統合運用管理ソフトウエア「Hinemos」の新機能「WinActor管理機能」を発表した。RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「WinActor」(NTTアドバンステクノロジ製)を管理できるとしている。販売目標は、2025年までに500本。

 Hinemosは、オープンソースの運用管理ソフトウェアである(関連記事NTTデータ先端技術、運用管理ソフト「Hinemos」に新版、情報収集を強化)。専用のエージェント(HTTPで通信)を導入したサーバー機(Linux、Windowsなど)や、ネットワーク機器(SNMPエージェント)を一元管理できる。機能として、システムの稼働監視、パッチ適用などのデプロイ管理、ジョブ管理、――などを提供する。

 今回、管理対象として、RPAソフトウェアのWinActorを追加した(図1)。これにより、WinActorの自動化ジョブをスケジュール実行できるようになったほか、WinActorの稼働状態やエラーなどを単一の画面上で俯瞰的に把握できるようになった。WinActorの管理ソフトウェア「WinDirector」および「WinActor Manager on Cloud」と連携した管理もできる。

図1:Hinemosの新機能「WinActor管理機能」の概要(出典:NTTデータ先端技術)図1:Hinemosの新機能「WinActor管理機能」の概要(出典:NTTデータ先端技術)
拡大画像表示

 ジョブスケジューラ機能を使って、業務の営業日やメンテナンス日に合わせてRPA処理を実行できる。また、各処理の実行結果は、Hinemosの画面で確認できるほか、メールで通知できる。異常発生時には、別途定義した復旧処理を自動で起動するなど、トータルでRPAの運行を管理できる。

 通常よりも処理時間が長くかかったり、止まらない可能性のあるシナリオの遅延時間を監視できる。PC環境や周辺システムの稼働状況といった環境要因によるトラブルを早期に解決できる。また、WinActorの実行ログも集約し、個々のPC端末にログインすることなく確認・検索できる。ログメッセージによるWinActorの動作異常の監視もできる。

 WinActorをインストールしたPCを検出し、インストールしたソフトウェアの履歴を管理できる。これにより、WinActorのシナリオが異常終了した際に、PC環境の変更が起因か否かの切り分けが容易になる。

関連キーワード

Hinemos / NTTデータ先端技術 / WinActor

関連記事

Special

-PR-

運用管理ツール「Hinemos」でRPAツール「WinActor」のジョブ管理や稼働監視が可能にNTTデータ先端技術は2020年3月10日、統合運用管理ソフトウエア「Hinemos」の新機能「WinActor管理機能」を発表した。RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「WinActor」(NTTアドバンステクノロジ製)を管理できるとしている。販売目標は、2025年までに500本。

PAGE TOP