[事例ニュース]

NRI、自社データセンターにNRI専用の「Oracle Cloud」を構築、2020年Q2から利用開始

2020年3月13日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

野村総合研究所(NRI)は2020年3月13日、米OracleのIaaS型クラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure」を、自社のデータセンターに導入すると発表した。これによりNRIは、Oracle Cloud Infrastructureが備えるクラウド機能群を、自社データセンターで利用できるようになる。サービス開発などで社内利用する。2020年第2四半期からの稼働を予定している。

 「Oracle Cloud Infrastructure」は、米Oracleが提供するIaaS型のクラウドサービスである。米Oracleは、ユーザーのデータセンターにOracle Cloud Infrastructureの環境を構築し、ユーザー専用のリージョンとして使えるようにする「dedicated region」と呼ぶ仕組みを用意している。

 NRIは今回、米Oracleおよび日本オラクルの協力の下、NRIのデータセンターにおいて、Oracle Cloud InfrastructureのNRI専用リージョンの構築を開始した。Oracle Cloud Infrastructureと同じクラウド機能を、自社のデータセンターで利用できるようになる。専用リージョンの採用は、NRIが世界で初めてとしている。

 背景には、パブリッククラウドは有益である一方で、ガバナンスやセキュリティを自社統制下で行いたいというニーズがある。パブリッククラウドの有用性を最大限に活用するアプローチの1つとして、自社データセンター内に自社専用のパブリッククラウドを設置し、自社統制下で運用することにした。

関連キーワード

野村総合研究所 / Oracle Cloud

関連記事

Special

-PR-

NRI、自社データセンターにNRI専用の「Oracle Cloud」を構築、2020年Q2から利用開始野村総合研究所(NRI)は2020年3月13日、米OracleのIaaS型クラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure」を、自社のデータセンターに導入すると発表した。これによりNRIは、Oracle Cloud Infrastructureが備えるクラウド機能群を、自社データセンターで利用できるようになる。サービス開発などで社内利用する。2020年第2四半期からの稼働を予定している。

PAGE TOP