[新製品・サービス]

NTT東日本、Cisco SD-WANを使って拠点間を閉域網で接続するサービス

2020年3月31日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTT東日本は2020年3月31日、拠点間を閉域網で接続するVPNサービス「Managed SD-WAN」を発表した。2020年7月から提供する。米Cisco SystemsのSD-WAN製品を使うことで、拠点に設置するエッジルーターの運用負荷を軽減している。アクセス回線としてフレッツ光ネクスト全品目と指定のモバイル回線を利用できる。

 NTT東日本が提供する「Managed SD-WAN」は、拠点間を閉域網で接続するVPNサービスである。最大の特徴は、SD-WAN製品を利用することである(図1)。これにより、拠点に設置するエッジルーターの設定を容易にしている。拠点間接続のネットワーク設計と運用管理が簡素化する。拠点間通信はIPv6 IPoE方式を採用した。

図1:「Managed SD-WAN」の概要(出典:NTT東日本)図1:「Managed SD-WAN」の概要(出典:NTT東日本)
拡大画像表示

 クラウド上の管理サーバーから設定を変更できるほか、拠点に設置するだけで自動で設定が完了するゼロタッチプロビジョニングができる。また、SaaSなどのインターネットに対するアクセスは閉域網を介さずに拠点からインターネットへと直接接続するインターネットブレイクアウトの使い方もできる。

 米Cisco SystemsのSD-WAN製品を利用する。エッジルーターには、Cisco ISR1100シリーズを使う。閉域網内に、Cisco SD-WANコントローラと仮想ルーター(Cisco CSR1000v)を配置した。また、SD-WANの運用サービス基盤として、Cisco NFV Infrastructure(NFVI)を利用する。

 価格(税別)は、拠点のエッジルーター1台あたり、基本機能が月額1万円(ルーターにCisco C1111-8Pを使用)または月額1万1000円(ルーターにLTE機能が付いたCisco C1111-LTELAを使用)。オプション機能は、モバイル接続サービスが月額1500円(別途、モバイル回線の契約が必要)。訪問修理サービスは月額1000円、ルーターの予備機サービスは、Cisco C1111-8Pが3000円、Cisco C1111-LTELAが4000円。

関連キーワード

NTT東日本 / SD-WAN / Cisco Systems

関連記事

Special

-PR-

NTT東日本、Cisco SD-WANを使って拠点間を閉域網で接続するサービスNTT東日本は2020年3月31日、拠点間を閉域網で接続するVPNサービス「Managed SD-WAN」を発表した。2020年7月から提供する。米Cisco SystemsのSD-WAN製品を使うことで、拠点に設置するエッジルーターの運用負荷を軽減している。アクセス回線としてフレッツ光ネクスト全品目と指定のモバイル回線を利用できる。

PAGE TOP