リスクマネジメント リスクマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

オフィス環境の観点で在宅勤務からの職場復帰を支援する「ServiceNow Safe Workplace」

従業員の準備状況やオフィスの受け入れ体制を可視化

2020年6月9日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ServiceNow Japanは2020年6月9日、在宅勤務からの職場復帰を支援するクラウドアプリケーション群「ServiceNow Safe Workplace」を発表した。職場に戻る従業員の準備状況を把握するアプリや、オフィスの受け入れ体制を管理・可視化するアプリなど、4つのアプリケーションで構成する。ServiceNow Storeにおいて同日付で提供を開始した。

 ServiceNow Safe Workplaceは、在宅勤務からの職場復帰を支援するクラウドアプリケーション群である。職場に戻る従業員の準備状況を把握するためのアプリケーションや、オフィスの受け入れ体制を管理・可視化するためのアプリケーションなど、4つのアプリケーションで構成する。これらをまとめて可視化するダッシュボードも提供する。

 提供の背景としてServiceNow Japanは、アフターコロナ/ウィズコロナがもたらすニューノーマル(新常態)を前提に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染防止策を継続しながら段階的に経済活動を本格化していくことが求められている状況を挙げる。従業員を職場に復帰させる決定や、在宅勤務を継続する決定を行う上で、安全で生産的な従業員体験を提供することが求められている。

4つのSafe Workplaceアプリケーションの機能

 (1)「Employee Readiness Surveys」は、職場に戻る従業員の準備状況を可視化するアプリケーションである(図1)。従業員へのアンケート調査によって、従業員自身が職場に戻りたがっているかどうか、職場に戻る上で何か障壁となっていることがあるかどうか、などの意見を聞くことができる。

図1:職場に戻る従業員の準備状況を把握するためのアプリケーションとして、従業員の意見を聞く「Employee Readiness Surveys」と、従業員が職場に入っても構わないか判断する「Employee Health Screening」を提供する(出典:ServiceNow Japan)図1:職場に戻る従業員の準備状況を把握するためのアプリケーションとして、従業員の意見を聞く「Employee Readiness Surveys」と、従業員が職場に入っても構わないか判断する「Employee Health Screening」を提供する(出典:ServiceNow Japan)
拡大画像表示

 (2)「Employee Health Screening」は、安全性の観点から個々の従業員が職場に入っても構わないかどうかを判断するアプリケーションである。職場に入る前に従業員を検査し、体温チェックやマスクなど個人用保護具(PPE)の持参など、オフィスへの入室要件を満たしているか否かを確認する。

●Next:オフィス衛生情報の管理や従業員のマスク在庫管理も可能に

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

ServiceNow / 新型コロナウイルス / 従業員エンゲージメント

関連記事

Special

-PR-

オフィス環境の観点で在宅勤務からの職場復帰を支援する「ServiceNow Safe Workplace」ServiceNow Japanは2020年6月9日、在宅勤務からの職場復帰を支援するクラウドアプリケーション群「ServiceNow Safe Workplace」を発表した。職場に戻る従業員の準備状況を把握するアプリや、オフィスの受け入れ体制を管理・可視化するアプリなど、4つのアプリケーションで構成する。ServiceNow Storeにおいて同日付で提供を開始した。

PAGE TOP