[新製品・サービス]

富士通、製造現場向けアプリケーション群「COLMINA」を定額クラウドサービス化、月額15万円から

2020年10月12日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2020年10月12日、製造業向けに提供してきた「COLMINA」ブランドのアプリケーションを、クラウド上でサブスクリプション型で提供する。生産オペレーションの効率化や、工作機械の効率活用を、早期に実現できるとしている。価格(税別)は、月額15万円から。

 富士通は、製造業向けにこれまで提供してきた「COLMINA」ブランドのアプリケーションを、サブスクリプション型のサービスとしてグローバルで提供する(図1)。設備稼働の可視化、工場ダッシュボード、生産性・品質の分析テンプレート群、などを提供する。

図1:COLMINAサブスクリプションサービスの概要(出典:富士通)図1:COLMINAサブスクリプションサービスの概要(出典:富士通)
拡大画像表示

 クラウド基盤には、DUCNETが2021年4月からサービス提供を開始するクラウドサービス「デジタルユーティリティクラウド」を活用する(関連記事富士通、ファナック、NTT Com、製造業のDX基盤となるクラウドサービスを提供する新会社「DUCNET」を設立)。

 従来、もの作りのための業務システムは、製造業各社が個々に構築していた。これをサブスクリプション型のクラウドサービスとして提供する。これにより、業務システムを早期に、初期投資を抑えて利用できる。サービスの開始は2021年4月で、まずは工作機械業界向けに開始し、その後順次、自動車や機械・エレクトロニクス市場に拡大する。

 サブスクリプションサービスではまず、設備稼働の可視化、工場ダッシュボード、生産性・品質分析テンプレート、――を提供する。ユーザーは、これらを定額で利用できる。生産性・品質分析テンプレートは、富士通工場の実践に基いて100画面以上を用意した。

 続いて、クラウドロボティクスサービスもサブスクリプション型で提供する。ロボットやロボットを用いた設備・システムを、クラウドに蓄積した知識を元に、CPS(サイバーフィジカルシステム)上で制御する。さらに、PLM/ERP/MESなどの基幹システムとの連携機能も提供する。業務データとIoTデータを連携させて業務を効率化できるようにする。

関連キーワード

富士通 / COLMINA

関連記事

Special

-PR-

富士通、製造現場向けアプリケーション群「COLMINA」を定額クラウドサービス化、月額15万円から富士通は2020年10月12日、製造業向けに提供してきた「COLMINA」ブランドのアプリケーションを、クラウド上でサブスクリプション型で提供する。生産オペレーションの効率化や、工作機械の効率活用を、早期に実現できるとしている。価格(税別)は、月額15万円から。

PAGE TOP