[新製品・サービス]

キーウェア、IT事業者のプロジェクト採算管理・役務購買テンプレートをBiz∫向けに提供

2020年12月21日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キーウェアソリューションズは2020年12月21日、主にITサービス事業者に向けて、外注エンジニアを活用したプロジェクトの採算管理ができる業務アプリケーションを発表した。2021年2月から、NTTデータ・ビズインテグラルのERPソフトウェア「Biz∫(ビズインテグラル)」で使える業務特化型テンプレートの1つとして、「プロジェクト採算管理・役務購買統合テンプレート for Biz∫」を提供する。同テンプレートを活用することで、より役務購買の要件を満たすことができるとしている。テンプレートは、役務購買システム構築を得意とする日本ノーベルと共同で開発した。

 キーウェアソリューションズの「プロジェクト採算管理・役務購買統合テンプレート for Biz∫」は、NTTデータ・ビズインテグラルのERPソフトウェア「Biz∫(ビズインテグラル)」で使える業務特化型テンプレートの1つである。

 主にITサービス事業者に向けて、外注エンジニアを活用したプロジェクトの採算管理ができるようにした(図1)。同テンプレートを活用することで、より役務購買の要件を満たせるとしている。

図1:プロジェクト採算管理・役務購買統合テンプレート for Biz∫の全体図(出典:キーウェアソリューションズ、日本ノーベル、NTTデータ・ビズインテグラル)図1:プロジェクト採算管理・役務購買統合テンプレート for Biz∫の全体図(出典:キーウェアソリューションズ、日本ノーベル、NTTデータ・ビズインテグラル)
拡大画像表示

 ERPソフトウェア「Biz∫」をベースに、キーウェアソリューションズの「プロジェクト採算管理テンプレート」と、日本ノーベルのWeb調達・購買システム「EPCUS(エピカス)」を統合した。BPRや基幹システム構築を得意とするキーウェアソリューションズと、オンライン物品・役務購買システム構築を得意とする日本ノーベルが共同で開発した。

 テンプレートでは、業務のオンライン化、法改正に対するリスク管理、予実採算管理の高度化などを目的に、主に以下の機能を強化した。

オンラインでパートナー事業者との役務購買取引を完結
外注依頼から仕入計上までのフローをオンライン上で承認、進捗管理可能
見積差異の明確化、一括発注・一括計上が可能
発注情報と連動した外注要員マスターの連携の実現
紙請求書を基幹システムへ自動登録(AI-OCR→RPA)※一部オプション
請求書照合機能の実装
法改正に対応した契約管理・勤怠管理
「契約形態」により入力項目を制御可能
法令で定められている各種帳票出力に対応(派遣個別契約書、派遣通知書等)
派遣要員の契約管理機能の実装
派遣要員の勤怠管理機能の実装(派遣会社ごとの36協定との連動によるアラート)
プロジェクト採算管理
プロジェクト採算情報を取り込み、ローカルでプロジェクト計画のシミュレーションが可能
工事進行基準プロジェクトの場合、売上計画の自動計算が可能
部門やプロジェクト、社員個別等の切り口で要員管理可能(空き工数把握、勤怠予実把握など)
グループ全社、部門、プロジェクトの損益を必要な切り口での照会を実現
部門、プロジェクト毎の受注残高の把握が可能
グループ全社、部門毎の採算が予算、見通しの比較で把握可能

 背景として同社は、IT事業者においては、リモートワーク環境を実現しつつも、慢性的な人材不足に対応しなければならないという問題を挙げる。「派遣社員や個人事業主の雇い入れなど、企業として多様性のある働き方を受け入れる必要がある。同時に、法の下で適切な管理をしていかなければならない」(同社)

関連キーワード

キーウェアソリューションズ / 日本ノーベル / Biz∫

関連記事

Special

-PR-

キーウェア、IT事業者のプロジェクト採算管理・役務購買テンプレートをBiz∫向けに提供キーウェアソリューションズは2020年12月21日、主にITサービス事業者に向けて、外注エンジニアを活用したプロジェクトの採算管理ができる業務アプリケーションを発表した。2021年2月から、NTTデータ・ビズインテグラルのERPソフトウェア「Biz∫(ビズインテグラル)」で使える業務特化型テンプレートの1つとして、「プロジェクト採算管理・役務購買統合テンプレート for Biz∫」を提供する。同テンプレートを活用することで、より役務購買の要件を満たすことができるとしている。テンプレートは、役務購買システム構築を得意とする日本ノーベルと共同で開発した。

PAGE TOP