[新製品・サービス]

日本IBM、Power SystemsサーバーにRed Hat OpenShiftを事前導入したシステムを販売

2021年2月24日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは2021年2月24日、クラウドアプリケーションの開発/実行基盤として使うことを想定し、コンテナ運用基盤ソフトウェアを事前にセットアップ済みとしたサーバーシステム製品「IBM Power Systems Private Cloud Rack Solution」(PPC Rack)を発表した。同日提供を開始した。IBM Power SystemsサーバーにLinuxとRed Hat OpenShiftを組み合わせている。また、これに合わせて従量課金モデル「Power Private Cloud with Dynamic Capacity」をLinuxにも適用できるようにした。

写真1:IBM Power Systems Private Cloud Rack Solutionの外観写真1:IBM Power Systems Private Cloud Rack Solutionの外観
拡大画像表示

 IBM Power Systems Private Cloud Rack Solution(PPC Rack、写真1)は、クラウドアプリケーションの開発/実行基盤として使うことを想定し、コンテナ運用基盤ソフトウェアを事前にセットアップ済みとしたサーバーシステム製品である。

 IBM Power System S922サーバーに、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)とRed Hat OpenShiftを組み合わせている。ユーザーの需要に応じて、後からUNIXの「IBM AIX」やオフコンOSの「IBM i」を追加することもできる。

 ハードウェアとソフトウェアを組み合わせて事前にセットアップしたことで、これまでであれば数週間かかっていた展開時間を数時間に短縮できるとしている。これにより、プライベートクラウド環境を構築する時間と手間を削減する。

 製品は、実稼働環境に向いたフルスタック構成の「Power Private Cloud Rack for Production」と、開発環境に向いたシングルサーバー構成の「Power Private Cloud Rack Starter Deployment」の2つがある。

 PPC Rackの提供に合わせて、従量課金型の支払いモデル「Power Private Cloud with Dynamic Capacity」の対象OSを拡大した。これまで対象としてきたIBM AIX(UNIX)とIBM i(オフコンOS)に加えて、LinuxのRed Hat Enterprise LinuxとSUSE Linux Enterprise Serverも対象に加えた。

関連キーワード

IBM / Red Hat / OpenShift / Power Systems

関連記事

Special

-PR-

日本IBM、Power SystemsサーバーにRed Hat OpenShiftを事前導入したシステムを販売日本IBMは2021年2月24日、クラウドアプリケーションの開発/実行基盤として使うことを想定し、コンテナ運用基盤ソフトウェアを事前にセットアップ済みとしたサーバーシステム製品「IBM Power Systems Private Cloud Rack Solution」(PPC Rack)を発表した。同日提供を開始した。IBM Power SystemsサーバーにLinuxとRed Hat OpenShiftを組み合わせている。また、これに合わせて従量課金モデル「Power Private Cloud with Dynamic Capacity」をLinuxにも適用できるようにした。

PAGE TOP