[事例ニュース]

静岡県、浜名湖エリアの観光施設など15カ所で顔認証決済の実証実験

2021年3月9日(火)IT Leaders編集部

静岡県は、浜名湖エリアの観光施設など15カ所で顔認証決済の実証実験を行う「『海の湖』顔認証決済実証事業」を、2021年3月12日から同年3月29日まで実施する。顔認証決済には、ベリトランスとNECが共同で顔認証決済サービスを提供する。安全で便利なキャッシュレス決済の提供を通じて同県の観光振興を図る。同年3月8日にベリトランスとNECが発表した。

 静岡県が実施する「海の湖」顔認証決済実証事業では、顔認証データを共通IDとして利用する(図1)。浜名湖エリアの宿泊施設や飲食店、観光施設などの15カ所において、顔認証で決済できるようにする。顔認証決済サービスは、NECが提供する顔認証サービスにベリトランスのクレジットカード決済サービスを組み合わせたものであり、幅広い用途で活用できるようにした。

図1:顔認証による決済の流れ(出典:NEC)図1:顔認証による決済の流れ(出典:NEC)
拡大画像表示

 利用者は、事前にスマートフォン専用の顔登録サイトに、顔のデータやクレジットカード情報などの利用者情報を登録する。商品の購入やサービス利用の際、店舗に設置された専用のタブレット端末で顔認証を実施し、顔情報に紐づくクレジットカード情報で支払いを完了できる。

 顔認証を用いることで、利用者はカードやスマートフォンなどの端末の提示せずにスピーディーに支払いができ、利便性が向上する。利用者固有の顔のデータを基に照合して認証することから、なりすましが困難で、安全に利用できる。金銭の受け渡しがなくなり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染リスクも軽減できる。

 実証事業期間中に得られた旅行者の属性情報(年代・性別)や決済情報などのデータは、匿名化したうえで、静岡県の「観光デジタル情報プラットフォーム」に蓄積する。

 実証実験の参加施設は以下のとおりである。

  • 舘山寺サゴーロイヤルホテル(チェックイン時)
  • 山水館欣龍(チェックアウト時)
  • KUSHITANI CAFE舘山寺(会計時)
  • うなぎ専門店の店 志ぶき(会計時)
  • 手打ちうどん権太(会計時)
  • はまなこみんなのカフェ むらくしビーチ店(会計時)
  • ライダースカフェはまなこ(会計時)
  • 弁天島山本亭(会計時)
  • KAReN HaMaNaKoかんざんじ荘TERRACE & CAFE(会計時)
  • よらっせYUTO 獲れたて市場(会計時)
  • 浜名湖遊覧船:フラワーパーク港/かんざんじ港/みっかび瀬戸港(チケット購入時)
  • かんざんじロープウェイ(チケット購入時)
  • はままつフラワーパーク(チケット購入時)
関連キーワード

静岡県 / 顔認証 / 生体認証 / 観光 / 自治体 / NEC / ベリトランス

関連記事

Special

-PR-

静岡県、浜名湖エリアの観光施設など15カ所で顔認証決済の実証実験静岡県は、浜名湖エリアの観光施設など15カ所で顔認証決済の実証実験を行う「『海の湖』顔認証決済実証事業」を、2021年3月12日から同年3月29日まで実施する。顔認証決済には、ベリトランスとNECが共同で顔認証決済サービスを提供する。安全で便利なキャッシュレス決済の提供を通じて同県の観光振興を図る。同年3月8日にベリトランスとNECが発表した。

PAGE TOP