[新製品・サービス]

コンソールサーバーのSmartCSがAnsible連携モジュールを公開、連携事例の拡大を狙う

2021年4月12日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

セイコーソリューションズは2021年4月12日、コンソールサーバー「SmartCS」を構成管理ツール「Ansible」で操作するためのモジュールを、オープンソースとして公開した。Ansible公式サイトを介して入手できる。SmartCS操作用のモジュールをAnsible環境にインストールすることで、AnsibleからSmartCSを操作できるようになる。これにより、SmartCSの背後につながっているネットワーク機器などのコンソール操作を自動化/コード化できる。

 セイコーソリューションズは、コンソールサーバー「SmartCS」を構成管理ツール「Ansible」を使って操作するためのAnsibleモジュールを公開した。SmartCSにつないだネットワーク機器のコンソール操作を自動化/コード化できる。モジュールは、Ansible公式サイトを介して入手できる。

 SmartCSは、ネットワーク機器へのコンソール接続を束ねるコンソールサーバー機である(関連記事Ansibleによるコンソール接続操作を容易に、セイコーソリューションズがコンソールサーバー強化)。IPネットワークからSmartCSへの端末接続(SSH/Telnet)を介して、SmartCSの先にコンソール接続でつながっているネットワーク機器を操作できる。

 Ansibleは、サーバー機のソフトウェア構成や設定を、リモートから自動的に変更できる構成管理ソフトウェアである(関連記事レッドハット、構成管理ツール「Ansible」の有償版「Ansible Engine」を販売)。Python言語を実行できて、SSHでアクセスできるサーバーであれば、Ansibleで操作できる。Ansibleは、サーバー機にSSHでアクセスし、ソフトウェアのインストールや設定ファイルの更新を行う。

 セイコーソリューションズは2019年4月に、AnsibleからSmartCSを操作するためのモジュールをリリースしている(関連記事IPが届かない機器のCLI操作をAnsibleで自動化、セイコーソリューションズがコンソールサーバー強化)。AnsibleからSmartCSにSSHでアクセスし、SmartCSの管理コマンドを実行するモジュール群や、SmartCSにつないだネットワーク機器のコンソールに文字情報を入力するモジュールをリリースしている。

 今回、AnsibleからSmartCSを操作するためのモジュールを、Ansibleの公式サイト「Ansible Galaxy」で公開した。ソースコードはGitHubから入手できる。従来は、要望があったユーザーに限って個別にモジュールを送付するという方法をとっていたが、これを改めた。ベンダー各社がAnsible Galaxyを介してモジュールを公開しており、セイコーソリューションズも同様に公開した。

 公式サイトでモジュールを公開することで、より多くのユーザーが簡便にモジュールを入手して利用できるようになった。今後は、現在公開中のコンテンツに加えて、各種ツールとの連携事例や、ネットワーク機器と連携するためのPlaybookサンプルなどの情報も拡充していく予定である。SmartCSとRed Hat Ansible Automation Platfromを連携させた運用自動化のユースケースをAnsibleユーザーにも広く認知してもらいたいとしている。

関連キーワード

セイコーソリューションズ / SmartCS / Ansible

関連記事

Special

-PR-

コンソールサーバーのSmartCSがAnsible連携モジュールを公開、連携事例の拡大を狙うセイコーソリューションズは2021年4月12日、コンソールサーバー「SmartCS」を構成管理ツール「Ansible」で操作するためのモジュールを、オープンソースとして公開した。Ansible公式サイトを介して入手できる。SmartCS操作用のモジュールをAnsible環境にインストールすることで、AnsibleからSmartCSを操作できるようになる。これにより、SmartCSの背後につながっているネットワーク機器などのコンソール操作を自動化/コード化できる。

PAGE TOP