[事例ニュース]

日本郵便、配達員の顔認証でオートロックを解除して「置き配」する実証実験

2021年7月27日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本郵便は、オートロックマンションへの「置き配」を、配達員の顔認証によって可能にする実証実験を実施する。東京都世田谷区のオートロックマンションにおいて、2021年7月27日から同年8月20日まで実施する。電子制御ドア向けのスマートロック「bitlock GATE」を提供するビットキー(東京都中央区)と共同で実施する。ビットキーが同年7月27日に発表した。

 日本郵便は、オートロックマンションへの「置き配」を、配達員の顔認証によって可能にする実証実験を実施する(写真1)。配達員が事前に登録した顔認証によって、共有部のオートロックを解錠する仕組みである。

写真1:日本郵便は、オートロックマンションへの「置き配」を、配達員の顔認証によって可能にする実証実験を実施する(出典:ビットキー)写真1:日本郵便は、オートロックマンションへの「置き配」を、配達員の顔認証によって可能にする実証実験を実施する(出典:ビットキー)
拡大画像表示

 実験の場所は、東京都世田谷区のオートロックマンションである。事前に申し込んだ入居者が実験に参加できる。対象となる荷物は、対象者宅あての「ゆうパック」「国際小包」「EMS」である。

 実証内容として、再配達率や配達時間、対象者の満足度などを検証する。今後、今回の実験を通して得た課題をもとに、2021年秋頃にも実験を実施する。

 システム要素として、ビットキーが提供する、電子制御ドア向けのスマートロック「bitlock GATE」を利用する。顔認証のインタフェースとなるタブレット端末と組み合わせて運用する。

 bitlock GATEは、スマートフォンアプリから扉の鍵を簡単に開閉できるシステムである。居住者が不在の場合も、「人、時間、回数」などの制限付きデジタルキーを発行することで、配達員や、家事代行スタッフなどがオートロックのエントランスの鍵を開けることができる。記事執筆時点で7700台以上を受注しているという。

 実証実験の背景としてビットキーは、ECの急激な利用増加に伴って宅配便の取り扱い個数が増加し、再配達率の高さが社会問題になっている状況を挙げる。「宅配ボックスやコンビニ受け取りに加え、新たな選択肢としてニーズが高まっている玄関前への置き配を検討するため、今回の実証実験に至ったという。

関連キーワード

ビットキー / 日本郵便 / 顔認証 / EC

関連記事

Special

-PR-

日本郵便、配達員の顔認証でオートロックを解除して「置き配」する実証実験日本郵便は、オートロックマンションへの「置き配」を、配達員の顔認証によって可能にする実証実験を実施する。東京都世田谷区のオートロックマンションにおいて、2021年7月27日から同年8月20日まで実施する。電子制御ドア向けのスマートロック「bitlock GATE」を提供するビットキー(東京都中央区)と共同で実施する。ビットキーが同年7月27日に発表した。

PAGE TOP