[新製品・サービス]

NSW、IoTデータ可視化クラウド「Toami Lite」を提供、ノーコードでデータを可視化

2021年9月29日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本システムウエア(NSW)は2021年9月28日、IoTクラウドサービス「Toami Lite」を提供開始した。IoTデータを取集・可視化するIoTクラウドシステムをMicrosoft Azure上にノーコードで構築することができる。価格(税別)は、共有プランが月額4万円(接続機器25台)から、専有プランが月額15万円から(初期費用は40万円)。

 日本システムウエア(NSW)の「Toami Lite」は、IoTデータを取集・可視化するIoTクラウドシステムをMicrosoft Azure上にノーコードで構築できるサービスである。データの収集と蓄積、アラート通知、データのCSV出力など、IoTクラウドシステムに必要な機能をトータルで提供する(図1)。

図1:Toami Liteの概要と可視化部品の例(出典:日本システムウエア)図1:Toami Liteの概要と可視化部品の例(出典:日本システムウエア)
拡大画像表示

 IoTセンサーデータを可視化する部品を20種類以上用意した。これらの可視化部品を配置することで、プログラミングを記述せずにIoTデータを可視化するWebアプリケーションを構築できる。

 画面レイアウトだけでなく、可視化部品とIoTデータのひも付けと連携もノンプログラミングで設定できる。閾値によるアラートメールの送信、データのCSV出力などの機能を追加できる。可視化部品の例として、数値をリアルタイムに表示できるアナログメーターやデジタルメーター、データの履歴や推移を表示できる表や時系列グラフなどがある。

 このほか、Toami Liteは、IoTデータを収集するインタフェースとして、データ取り込み用のWeb API(REST API)を用意している。IoT機器側でToami LiteのWeb APIを利用して、IoTデータをToami Liteに送信できる。

 次のユースケースを挙げている。IoTセンサー情報の収集。状態変化の把握(駐車場の満空管理や、鉄橋の歪み・傾斜・振動・衝撃の検知など)。稼働状態の把握(車輌稼働状況やEV蓄電状況、在庫状況などの把握、故障の監視など)。位置情報の把握(車輌の運行管理や盗難防止対策、トラックの輸送管理など)。

関連キーワード

日本システムウエア / Toami / ローコード / Azure

関連記事

Special

-PR-

NSW、IoTデータ可視化クラウド「Toami Lite」を提供、ノーコードでデータを可視化日本システムウエア(NSW)は2021年9月28日、IoTクラウドサービス「Toami Lite」を提供開始した。IoTデータを取集・可視化するIoTクラウドシステムをMicrosoft Azure上にノーコードで構築することができる。価格(税別)は、共有プランが月額4万円(接続機器25台)から、専有プランが月額15万円から(初期費用は40万円)。

PAGE TOP