[新製品・サービス]

オラクル、「Oracle Cloud Infrastructure AI」を発表、学習済みモデルやアノテーション機能を提供

2021年11月22日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本オラクルは2021年11月22日、AIクラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure AI」を発表した。Oracle Cloud上で利用するAIサービスで、画像処理や言語処理といった用途に向く学習済みの各種AIモデルや、学習用のラベル付きデータセットの作成を支援するアノテーション機能などを提供する。アプリケーション開発者は、データサイエンスの専門知識がなくてもAIを簡単に活用できるとしている。米オラクルが2021年11月3日に発表した内容を紹介している。

 オラクルの「Oracle Cloud Infrastructure AI(OCI AI)」は、Oracle Cloud上で利用できるAIサービスである。画像処理や言語処理といった用途に使える学習済みの各種AIモデルを提供するほか、学習用のラベル付きデータセットの作成を支援するアノテーション機能などを提供する。

 アプリケーション開発者は、データサイエンスの専門知識がなくてもAIを簡単に活用できるとしている。オラクルは、OCI AIを「Oracle AI」(AI、マシンラーニング、データサイエンスの製品群)の中核として位置づけている。

 OCI AIで提供する主なサービスは、以下のとおり。

  • OCI Language
    テキストデータを分析するAI機能。文書、顧客とのやり取り、サポートチケット、ソーシャルメディアなどの非構造化テキストを対象に、センチメント分析、キーフレーズの抽出、テキスト分類、固有表現抽出などの機能をアプリケーションで利用できる。テキストを分析するための事前学習済みのAIモデルを組み込んでいる。
  • OCI Speech
    リアルタイムの音声認識機能。数千人のネイティブ言語スピーカーと非ネイティブ言語スピーカーを対象に学習したAIモデルを用いている。音声データファイルをテキストに変換する。コンテンツのインデックス作成やオーディオ/ビデオの分析などに向く。
  • OCI Vision
    画像認識機能とOCR機能。事前に学習済みのAIモデルを提供する。製造における視覚的な異常を検出したり、業務を自動化するためにフォームからテキストを抽出したり、画像内の製品数や出荷件数を数えたりすることができる。
  • OCI Anomaly Detection
    異常を検出する機能。危機的な不規則性を早期にフラグ付けする。数種類のプログラミング言語で利用可能なライブラリやREST APIを提供する。MSET2アルゴリズムをベースに構築しており、不正検出、機器の故障の予測、複数のデバイスからのデータの受信による障害予測などに向く。
  • OCI Forecasting
    マシンラーニング(機械学習)と統計アルゴリズムによる時系列予測機能。製品需要、収益、リソース要件などを予測できる。これらの予測は、ビジネス上の意思決定を行えるように、信頼区間と説明可能性を備えている。
  • OCI Data Labeling
    アノテーション機能。学習によってAIモデルを作成するための事前準備として、学習用のラベル付きデータセットの構築を支援する。UIや公開APIを介して、データの組み立て、データセットの作成と閲覧、データレコードへのラベルの適用を行う。作成したラベル付きデータセットは、OCI VisionやOCI Data ScienceなどのオラクルのAIサービスでのモデル開発に向く。
関連キーワード

Oracle / マシンラーニング / Oracle Cloud

関連記事

Special

-PR-

オラクル、「Oracle Cloud Infrastructure AI」を発表、学習済みモデルやアノテーション機能を提供日本オラクルは2021年11月22日、AIクラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure AI」を発表した。Oracle Cloud上で利用するAIサービスで、画像処理や言語処理といった用途に向く学習済みの各種AIモデルや、学習用のラベル付きデータセットの作成を支援するアノテーション機能などを提供する。アプリケーション開発者は、データサイエンスの専門知識がなくてもAIを簡単に活用できるとしている。米オラクルが2021年11月3日に発表した内容を紹介している。

PAGE TOP