[新製品・サービス]

キヤノン電子、PC操作画面を画像で記録する情報漏洩対策ツール「SML画面操作録画機能」

2022年3月11日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノン電子は2022年3月11日、情報漏洩対策ツール「SML画面操作録画機能」を販売開始した。ツールをインストールしたPCの画面操作を画像として記録する。リモートデスクトップ接続先の操作やWebブラウザ操作など、従来のログ管理ツールだけでは分からない操作も画像として把握できる。内部不正の抑止につながる。価格は個別見積もり。

 キヤノン電子の「SML画面操作録画機能」は、PCの画面操作を画像として記録する、情報漏洩対策ツールである(図1)。リモートデスクトップ接続先の操作やWebブラウザ操作、メールの内容、Webフォームへの書き込みなど、従来のログ管理ツールでは分からなかった操作も、画像として把握できるようになる。

図1:PCの画面操作を画像として記録することで、情報漏洩を抑止する(出典:キヤノン電子)図1:PCの画面操作を画像として記録することで、情報漏洩を抑止する(出典:キヤノン電子)
拡大画像表示

 操作画面は録画が可能で、情報漏洩のインシデントが発生した際には、インシデントにつながったPC操作を後から画像情報として確認可能である。また、管理者画面では、管理対象のPC画面をリアルタイムに閲覧できる(画面1)。画像の更新間隔は、監視対象PCごとに設定する。同時に複数台の画面(4画面、9画面、16画面を切り替えられる)を表示する。

画面1:管理画面では、最大16台のPC画面操作をリアルタイムに把握できる(出典:キヤノン電子)画面1:管理画面では、最大16台のPC画面操作をリアルタイムに把握できる(出典:キヤノン電子)
拡大画像表示

 別途、ログ管理ツール「SML」と連携させて使うことで、SMLが発したアラート通知をトリガーに画面を確認する、といった運用がとれる(図2)。SMLを使うと、許可していないUSBデバイスの接続やクラウドストレージへのファイルアップロード、利用禁止時間内のPC操作などを検知できる。SML画面操作録画機能を組み合わせることで、これら有事の際に操作画面を合わせて確認できる。

図2:ログ管理ツール「SML」と連携させると、インシデント発生時のPC画面操作を確認しやすくなる(出典:キヤノン電子)図2:ログ管理ツール「SML」と連携させると、インシデント発生時のPC画面操作を確認しやすくなる(出典:キヤノン電子)
拡大画像表示
関連キーワード

キヤノン電子 / SML画面操作録画機能

関連記事

Special

-PR-

キヤノン電子、PC操作画面を画像で記録する情報漏洩対策ツール「SML画面操作録画機能」キヤノン電子は2022年3月11日、情報漏洩対策ツール「SML画面操作録画機能」を販売開始した。ツールをインストールしたPCの画面操作を画像として記録する。リモートデスクトップ接続先の操作やWebブラウザ操作など、従来のログ管理ツールだけでは分からない操作も画像として把握できる。内部不正の抑止につながる。価格は個別見積もり。

PAGE TOP