[新製品・サービス]

JBS、Power Platform利用定着のためのトレーニングを提供、現場向けと管理者向け

2022年5月18日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本ビジネスシステムズ(JBS)は2022年5月18日、Microsoft Power Platform導入支援サービスを拡充したと発表した。Power Platformの利用を着実に社内に普及させることを狙い、2つのトレーニングプログラムを用意した。エンドユーザー向けの「ステップアップトレーニング for Microsoft 365」と、システム管理者向けの「運用管理マスター for Microsoft Power Platform」である。

 日本ビジネスシステムズ(JBS)は、Microsoft Power Platformによるローコード開発を社内に定着させるための、2つのトレーニングプログラムを提供する。エンドユーザー向けの「ステップアップトレーニング for Microsoft 365」と、システム管理者向けの「運用管理マスター for Microsoft Power Platform」である。JBSがこれまでに提供してきたPower Platform導入支援サービスを拡充する(表1)。

表1:Power Platform導入支援サービスに、定着を支援する2つのトレーニングサービスを追加した(出典:日本ビジネスシステムズ)表1:Power Platform導入支援サービスに、定着を支援する2つのトレーニングサービスを追加した(出典:日本ビジネスシステムズ)
拡大画像表示

 Power Platformは、現場の社員が自らの手で業務自動化を内製できるローコード開発ツール。Microsoft 365 AppsやMicrosoft Teamsなどのアプリケーションと連携して機能拡張が行え、業務に必要な仕組みを速やかに構築できる。「業務上必要な機能を自ら用意して使う」というスピード感のある改革を実現するとしている。

 一方で、「現場においては、自動化しなくても業務自体が回るため、自動化のメリットを理解できず、利用が進まないという事情」も指摘。こうした場合は、社員一人ひとりがPower Platformの必要性を理解し、意欲的に改革を進められるよう、会社から意識的に機会を仕掛けていく必要があるとしている。JBSによると、社員がPower Platformを自ら活用できるようになるためには、「認知」「知識の習得」「実践」という学習ステップを踏んでいく必要があるという。

 エンドユーザー向けの「ステップアップトレーニング for Microsoft 365」は、ユーザーの業務シナリオを基にトレーニング内容を設計し、ユーザー向けのトレーニングを考案して提供する。社員に寄り添った内容で、一人ひとりが自動化の必要性を理解しやすいとしている(図1)。

図1:エンドユーザーに向けた「ステップアップトレーニング for Microsoft 365」の概要(出典:日本ビジネスシステムズ)図1:エンドユーザーに向けた「ステップアップトレーニング for Microsoft 365」の概要(出典:日本ビジネスシステムズ)
拡大画像表示

 一方、管理者側は、社員がアプリケーションを使うための環境を提供する上で、運用管理をどのように行うかを意識しておかないと、各種のリスクに直面する恐れがある。Power Platformは、他のシステムと異なり、導入後にアプリケーションを開発する製品であるため、利用範囲が拡大していく中で適切な対応が求められる。

 一方、管理者向けの「運用管理マスター for Microsoft Power Platform」は、Power Platform導入企業の管理者が知っておくべきことを体系的に学べるとしている(図2)。ユーザー主体でアプリケーションを作成・利用していくことを想定した一般的な運用管理を、短時間で学べるとしている。

図2:システム管理者に向けた「運用管理マスター for Microsoft Power Platform」の概要(出典:日本ビジネスシステムズ)図2:システム管理者に向けた「運用管理マスター for Microsoft Power Platform」の概要(出典:日本ビジネスシステムズ)
拡大画像表示
関連キーワード

日本ビジネスシステムズ / Power Platform / Microsoft / Microsoft 365 / Teams / ローコード

関連記事

Special

-PR-

JBS、Power Platform利用定着のためのトレーニングを提供、現場向けと管理者向け日本ビジネスシステムズ(JBS)は2022年5月18日、Microsoft Power Platform導入支援サービスを拡充したと発表した。Power Platformの利用を着実に社内に普及させることを狙い、2つのトレーニングプログラムを用意した。エンドユーザー向けの「ステップアップトレーニング for Microsoft 365」と、システム管理者向けの「運用管理マスター for Microsoft Power Platform」である。

PAGE TOP