[インタビュー]

スマートフォン・タブレットの業務活用、積極利用と見送りで2極化─ITR舘野氏

2014年3月3日(月)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

企業におけるスマートデバイス活用のトリガーを引いたiPad 2が登場したのは2011年3月のことだ。それから約3年が経過した今、スマートデバイスの業務活用はどんな状況にあるのか。企業のIT投資動向や、モバイルデバイスの活用状況に詳しい、ITRのシニア・アナリスト、舘野真人氏に話を聞いた。

アイ・ティー・アールの舘野真人シニア・アナリスト
アイ・ティ・アール
シニア・アナリスト 舘野真人氏

――国内企業のモバイル活用は着実に広がっている?

舘野氏:企業はスマートデバイスに引き続き関心を寄せている。ただし、実際に活用している企業の数はさほど伸びていない。デバイスを活用している企業と、そうでない企業で2極化している印象だ。

 まず、図を見てほしい。企業におけるスマートデバイスの利用状況を調べたものだ。これを見ると、導入率はほとんど伸びていないことがわかる。2011年度調査以降、15~16%と大差なく推移している。

 いったんは、スマートデバイスの業務活用を検討したが、最終的に実施しないと判断した企業も増えている。2011年度調査では4.5%だったが、2012年は8.8%、2013年度は9.6%だった。

 ただし、企業全体で見ると、スマートデバイスの投資額は伸びている。図は、2013年末に実施した「IT投資動向調査2014」の結果だ。インフラ、ハードウェア分野では、タブレットやスマートフォンに対する投資額の伸び率が高い。昨年も、同じ結果だった。

図:スマートデバイス活用の経年変化
図:スマートフォンやタブレットへの投資意欲は高い

 スマートデバイスへの投資額は増えているが、導入企業の数はそれほど増えていない。つまり、一部の企業がスマートデバイスの利用範囲を拡大させていることがわかる。例えば、パイロット運用を経て、大規模展開に踏み切ったり、ある部署の取り組みを別部署に横展開したりといった具合だ。

●Next:スマートデバイスへの“温度差“の背景は?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

ITR / スマートフォン / タブレット / スマートデバイス / iPhone / Android / iPad

関連記事

Special

-PR-

スマートフォン・タブレットの業務活用、積極利用と見送りで2極化─ITR舘野氏企業におけるスマートデバイス活用のトリガーを引いたiPad 2が登場したのは2011年3月のことだ。それから約3年が経過した今、スマートデバイスの業務活用はどんな状況にあるのか。企業のIT投資動向や、モバイルデバイスの活用状況に詳しい、ITRのシニア・アナリスト、舘野真人氏に話を聞いた。

PAGE TOP