[事例ニュース]

富士通、商用ローカル5Gの無線局免許を取得、新川崎テクノロジースクエアで運用開始

2020年3月30日(月)IT Leaders編集部

富士通は2020年3月27日、商用のローカル5Gの無線局(基地局、陸上移動局)免許を総務省関東総合通信局から取得したと発表した。富士通新川崎テクノロジースクエア(所在地:神奈川県川崎市)において、ローカル5Gシステムの運用を開始する。

 富士通は、商用のローカル5Gの無線局免許を取得した。富士通新川崎テクノロジースクエアにおいて、多地点カメラで収集した高精細映像のデータ伝送にローカル5Gを活用する(図1)。AIで人の動作を解析し、不審行動などを早期に検知する。これにより、建物内の防犯対策を強化する。

図1:ローカル5Gシステムの概要(出典:富士通)図1:ローカル5Gシステムの概要(出典:富士通)
拡大画像表示

 さらに、顧客企業やパートナ企業とのローカル5Gの実証の場である「FUJITSU コラボレーションラボ」において、業務革新や地域課題の解決に向けたユースケースを創出し、具現化させる。ユーザー企業への導入支援なども行う。

 今後は、スマートファクトリーの実現に向けて、ネットワーク機器の製造拠点である小山工場(所在地:栃木県小山市)においても、ローカル5Gの免許を取得する。同工場でネットワーク機器の製造を手がける富士通テレコムネットワークスとともに、ローカル5Gの有用性を検証する。

 運用を開始したローカル5Gシステムの構成は、5G-NSA(Non-Stand Aloneの略。5G無線方式の1つで、LTE設備との連携にで5G通信を可能にするもの)である。データ伝送に5G、基地局と陸上移動局との接続制御にLTEの電波を利用する。周波数は、5Gが28.2GHz~28.3GHz、LTEが2575MHz~2595MHz。カバーエリアは、富士通新川崎テクノロジースクエア敷地内の約2万8000平方メートル。

関連キーワード

富士通 / ローカル5G

関連記事

Special

-PR-

富士通、商用ローカル5Gの無線局免許を取得、新川崎テクノロジースクエアで運用開始富士通は2020年3月27日、商用のローカル5Gの無線局(基地局、陸上移動局)免許を総務省関東総合通信局から取得したと発表した。富士通新川崎テクノロジースクエア(所在地:神奈川県川崎市)において、ローカル5Gシステムの運用を開始する。

PAGE TOP