[新製品・サービス]

NEC、Azure Stack HCIベースの仮想基盤サーバー、2ノード298万円からのエントリー機も用意

2020年4月15日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2020年4月15日、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)製品「NEC Hyper Converged System」のラインアップを拡充した。新たに、HCIソフトウェアとしてAzure Stack HCIを搭載した機種を用意した。既存のVMware vSAN搭載機種とともに2ラインアップ構成とした。Azure Stack HCIの特徴は、仮想サーバーごとのWindows Serverライセンスが不要なことである。

 NECは、HCI製品の新機種「NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCI」を用意した(写真1)。HCIを実現するソフトウェアとして「Azure Stack HCI」(Windows Server 2019 Datacenter)を採用している。特徴は、仮想サーバー上で動作させるWindows ServerのOSライセンスが仮想サーバー台数に寄らないこと。ハードウェアリソースが許す限り、一定のライセンス料金のままWindows Server搭載の仮想サーバーを無制限に増やせる。

写真1:「NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCI」の「2ノードエントリHCIモデル」の外観写真1:「NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCI」の「2ノードエントリHCIモデル」の外観
拡大画像表示

 Azure Stack HCI搭載機種は、ハードウェアスペックなどに応じて、3モデルで構成する(価格はいずれも税別)。「スタンダードモデル」(高さ1Uラックマウント)は、最小構成2ノードで760万円から。ストレージ容量を重視した「大容量モデル」(高さ2Uラックマウント)は、最小構成2ノードで826万9400円から。いずれも、追加1ノード単位で増設できる。2020年4月15日から出荷する。

 ノードの増設ができない廉価モデル「2ノードエントリHCIモデル」も用意した。価格は2ノード構成で298万円から。2020年5月末から出荷する。

 なお、NECは、今回追加したAzure Stack HCI搭載機種のほかに、VMware vSAN(サーバー仮想化ソフトウェアであるVMware ESXiのカーネルに組み込まれた分散ストレージソフトウェア)搭載機種を提供している(関連記事NECがハイパーコンバージドを製品化、システム構成やソフトを柔軟に変更可能)。

 HCIは、サーバー仮想化ソフトと分散ストレージソフトを組み合わせたアプライアンスサーバーのこと。サーバー機の増設によってシステム規模を拡張し、収容できる仮想サーバー台数を増やせる。分散ストレージソフトウェアによって、サーバー内蔵ストレージを、複数サーバーをまたがった共有型の外付けストレージ装置として利用できる。

関連キーワード

NEC / HCI

関連記事

Special

-PR-

NEC、Azure Stack HCIベースの仮想基盤サーバー、2ノード298万円からのエントリー機も用意NECは2020年4月15日、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)製品「NEC Hyper Converged System」のラインアップを拡充した。新たに、HCIソフトウェアとしてAzure Stack HCIを搭載した機種を用意した。既存のVMware vSAN搭載機種とともに2ラインアップ構成とした。Azure Stack HCIの特徴は、仮想サーバーごとのWindows Serverライセンスが不要なことである。

PAGE TOP