[新製品・サービス]

アシスト、ボタンを押すだけでシステム障害の初動対応が完了、Oracle DBとQlik Senseも対象に

2020年5月12日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アシストは2020年5月12日、システムに障害が発生した際に、ボタンを押すだけで調査のための初動対応が完了するサービス「超サポダッシュボタン」を強化した。監視対象のアプリケーションを拡大し、「JP1」(日立製作所)と「WebFOCUS」(米Information Builders)に加えて、新たに「Oracle Database」と「Qlik Sense」を監視できるようにした。

 超サポダッシュボタンは、システムに障害が発生した際に、コンソール画面上のボタンを押すだけで、調査のための初動対応が完了するサービスである(関連記事ボタンを押すだけでシステム障害の初動対応が完了、アシストが「超サポダッシュボタン」を提供)。障害の発生を検知した時点でボタンを押すと、監視対象である各製品のサーバーから初動調査用のログを自動で収集する(図1)。

図1:超サポダッシュボタンの概要(出典:アシスト)図1:超サポダッシュボタンの概要(出典:アシスト)
拡大画像表示

 ログの収集と同時に、監視対象のミドルウェアを保守する「アシストサポートセンター」(AWSC)にログを転送する方法を通知してくれる。システム担当者は、手順に従ってログをAWSCにアップロードすればよい。さらにボタンを押すと、AWSCに対してサポートを自動で依頼できる。

 超サポダッシュボタンのサーバー機能は、Windowsで稼働する。JP1/Automatic Operation(JP1/AO)を利用して構築している。超サポダッシュボタンから監視対象サーバーに対しては、telnet/SSHで接続する。監視対象サーバーは、2019年11月1日時点ではJP1とWebFOCUSの2つ。今回、新たにOracle DatabaseとQlik Senseも監視できるようにした。

 価格(税別)は、基本サービスが年額24万円。基本サービスで、超サポダッシュボタンサーバー1台と、管理対象サーバー10台まで利用できる。対象製品サーバーの製品種別数に制限はなく、1製品でも複数製品でも(JP1のみでもOracle Database、Qlik Sense、WebFOCUS含む4製品でも)同額である。管理対象サーバーを11台以上に増やす場合は、追加10サーバーあたり年額12万円。

関連キーワード

アシスト

関連記事

Special

-PR-

アシスト、ボタンを押すだけでシステム障害の初動対応が完了、Oracle DBとQlik Senseも対象にアシストは2020年5月12日、システムに障害が発生した際に、ボタンを押すだけで調査のための初動対応が完了するサービス「超サポダッシュボタン」を強化した。監視対象のアプリケーションを拡大し、「JP1」(日立製作所)と「WebFOCUS」(米Information Builders)に加えて、新たに「Oracle Database」と「Qlik Sense」を監視できるようにした。

PAGE TOP