[新製品・サービス]

サーバーワークス、リモートワークの証跡を管理するサービス、Amazon WorkSpacesの操作を録画

2020年5月21日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

サーバーワークスは2020年5月21日、同社が販売するクラウド型リモートデスクトップ「Amazon WorkSpaces」のユーザーに向けて、テレワーク環境における働き方を監視できるサービス「リモートワーク証跡管理サービス」を開始した。エンカレッジ・テクノロジの監視ツール「ESS REC NEAO」を提供する。フル機能の有償版と、機能を限定した無償版がある。有償版の価格(税別)は、Amazon WorkSpacesのデスクトップ1台あたり月額1500円。

 「リモートワーク証跡管理サービス」は、テレワーク環境における社員の働き方を監視するサービスである。テレワークで使われるクラウド型の仮想デスクトップを対象に、デスクトップの操作内容を動画や操作ログとして記録する(図1)。仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」を対象に、エンカレッジ・テクノロジの監視ソフトウェア「ESS REC NEAO」を販売する形である。

図1:「リモートワーク証跡管理サービス」の概要。クラウド型リモートデスクトップ「Amazon WorkSpaces」下のWindows操作を、内部統制ソフトウェア「ESS REC NEAO」で監視する(出典:サーバーワークス)図1:「リモートワーク証跡管理サービス」の概要。クラウド型リモートデスクトップ「Amazon WorkSpaces」下のWindows操作を、内部統制ソフトウェア「ESS REC NEAO」で監視する(出典:サーバーワークス)

 背景には、クラウド型の仮想デスクトップサービスは、画面転送型の仮想デスクトップであり、デスクトップPCの実体はクラウド上に存在するという状況がある。操作端末(シンクライアント)にはデータが移動しないためセキュリティを保てるが、一方で、テレワーク中に発生した人の操作ミスなどは把握しにくい。

 リモートワーク証跡管理サービスで提供するESS REC NEAOは、Windowsの操作を映像(動画)として記録する内部統制ソフトウェアである(関連記事エンカレッジ・テクノロジ、テレワーク時の働き方を監視できる「ESS REC NEAO」を販売開始)。ファイル操作などの操作ログも、テキストログとして動画と並行して記録する。同一時刻の動画とテキストログを組み合わせることで、情報漏洩の原因を突き止めやすくなる。

 本サービスを活用することで、Amazon WorkSpacesの操作ログを取得し、有事の際に証跡を取ることができるようになる。サーバーワークスでは、最も大きな効果として「証跡を取っていることによる悪意の抑制」を挙げている。テレワークのような人が見えない環境において、悪意を抑制できるとしている。

 機能を限定した無償版と、フル機能版の有償版を用意している(表1)。

表1:リモートワーク証跡管理サービスのプラン(出典:サーバーワークス)
プラン 無償版 有償版
価格(税別) 無償 デスクトップ1台あたり月額1500円
ログ保存 保管期限は1週間。サーバーワークスの管理サーバーに保存 動画(画面キャプチャ)でユーザー環境に保存
レポート出力機能 × 定期的な状況把握を行うための監視レポートを生成
異常検知時のアラートロック × 設定した監視項目の条件を満たした時に発生
ログ閲覧方法 ログファイル・閲覧環境の情報をサーバーワークスから提供 記録データは専用ツールでユーザーが確認可能
関連キーワード

サーバーワークス / Amazon WorkSpaces / ESS REC

関連記事

Special

-PR-

サーバーワークス、リモートワークの証跡を管理するサービス、Amazon WorkSpacesの操作を録画サーバーワークスは2020年5月21日、同社が販売するクラウド型リモートデスクトップ「Amazon WorkSpaces」のユーザーに向けて、テレワーク環境における働き方を監視できるサービス「リモートワーク証跡管理サービス」を開始した。エンカレッジ・テクノロジの監視ツール「ESS REC NEAO」を提供する。フル機能の有償版と、機能を限定した無償版がある。有償版の価格(税別)は、Amazon WorkSpacesのデスクトップ1台あたり月額1500円。

PAGE TOP