ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[調査・レポート]

沖縄でのワーケーション実験で業務効率が20.7%上昇─NTTデータ経営研、JTB、JAL調査

2020年7月27日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ経営研究所、JTB、日本航空(JAL)は2020年7月27日、リゾート地で仕事をする「ワーケーション」の効果を検証する実験を実施した。実験の結果、ワーケーション実施中に業務効率が20%程度上がり、ワーケーション終了後も5日間は効果が持続したことが判明した。心身のストレス反応は、参加前と比べて37%程度下がり。歩数は2倍程度に増えたという。

 ワーケーションは、リゾート地や地方など、普段とは異なる場所で働きながら休暇取得などを行う仕組みのことである。NTTデータ経営研究所、JTB、日本航空(JAL)は今回、ワーケーションの効果・効用に関するエビデンスの獲得と、効果的なワーケーション施策の策定・普及を目的に、実証実験を実施した。

写真1:ワークスペースと宿泊場所の環境(出典:NTTデータ経営研究所、JTB、日本航空)写真1:ワークスペースと宿泊場所の環境(出典:NTTデータ経営研究所、JTB、日本航空)
拡大画像表示

 第1弾として、沖縄県のカヌチャリゾートでワーケーションを実施した(写真1)。研究チーム企業の所属メンバーを中心とした男女18人が参加した。ワーケーションの効果測定手段として、Webアンケートを実施するとともに、リストバンド型の活動量計「Fibit Charge3 HR」を使って活動量や睡眠時間などの行動データを収集した。

 実験環境として、無線LANが使えてソーシャルディスタンスを保持した執務エリアを用意した。また、宿泊部屋の自室でも仕事ができるようにした。解析の方法として、実験参加者一人ずつの尺度得点を個人内で標準化し、ワーケーション前の時点をベースとして、その後の変化を反復測定分散分析および多重比較によって調べた。

 プレワーケーション期間(2020年6月19日~6月25日)、ワーケーション期間(2020年6月26日~6月28日)、ポストワーケーション期間(2020年6月29日~7月3日)の3つの期間それぞれについて、Webアンケートと活動量計によるデータ収集を実施した(図1)。取得したデータ項目は、表1の通りである。

図1:ワーケーション実証実験の実施概要(出典:NTTデータ経営研究所、JTB、日本航空)図1:ワーケーション実証実験の実施概要(出典:NTTデータ経営研究所、JTB、日本航空)
拡大画像表示
表1:取得したデータ項目(出典:NTTデータ経営研究所、JTB、日本航空)
尺度名 尺度概要
Segmentation preference(公私分離志向) 生活における仕事とプライベートのメリハリの付け方の好みを問う尺度
リカバリー経験 1日の仕事が終わった後の時間の過ごし方(リカバリー経験)を問う尺度。「コントロール(プライベートの過ごし方を自分で決められる)」、「心理的距離(仕事と距離を置ける)」、「リラックス(リラックスできる)」、「熟達(自分の成長に時間を使える)」の4項目に分かれる
ワークエンゲイジメント 仕事に対する活力、熱意、没頭の程度を問う尺度。仕事に関連するポジティブで充実した精神状態が反映され、この指標が高いと従業員個人の生産性や心身の健康状態が高く、またそういった従業員が多い企業は、収益性が高く、離職率・無断欠勤が大幅に少ないことが明らかになっている
職業性ストレス 労働に際して発生するストレスを含む身体的・心理的状態を問う尺度。2015年12月より施行されたストレスチェック制度で使用される「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」の一部
仕事のパフォーマンス 仕事の状況や成果について問う尺度。WHOが定める国際的な生産性の指標であるWHO-HPQ、並びに新職業性ストレス簡易調査票から「規定された職務遂行」と「創造的な行動」の項目を利用
組織コミットメント 自分の所属する組織に対するコミットメントの強さを問う尺度。「継続的(今会社を辞められない)」、「規範的(価値観として転職すべきでない)」、「情動的(会社の中で自分を家族の一員のように感じる)」の3種類に分かれる
罪悪感 ワーケーション中の罪悪感を問う尺度(独自尺度)
職務満足度 仕事の満足度を問う尺度(独自尺度)
主観的健康感 主観的な健康状態を問う尺度(独自尺度)
主観的メンタル状態 主観的な不安傾向等を問う尺度(独自尺度)
直近の業務内容(ワーケーション中) ワーケーション中の業務内容を問う設問。実施内容、結果、実施人数等を聴取(独自尺度)
直近の自由時間の過ごし方(ワーケーション中) ワーケーション中の直近の自由時間の内容を問う設問。実施内容、結果、実施人数等を聴取(独自尺度)
活動量(歩数・その他消費カロリーなど) リストバンド型の活動量計「Fitbit Charge3」(実験期間中常時着用)により計測

●Next:ワーケーションの効果

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

ワーケーション / NTTデータ経営研究所 / JTB / 日本航空

関連記事

Special

-PR-

沖縄でのワーケーション実験で業務効率が20.7%上昇─NTTデータ経営研、JTB、JAL調査NTTデータ経営研究所、JTB、日本航空(JAL)は2020年7月27日、リゾート地で仕事をする「ワーケーション」の効果を検証する実験を実施した。実験の結果、ワーケーション実施中に業務効率が20%程度上がり、ワーケーション終了後も5日間は効果が持続したことが判明した。心身のストレス反応は、参加前と比べて37%程度下がり。歩数は2倍程度に増えたという。

PAGE TOP