[新製品・サービス]

NEC、マスク特化型の顔認証エンジンを開発、2020年10月から搭載製品を順次出荷

2020年9月24日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2020年9月24日、マスク着用時でも認証できる、マスク特化型の顔認証エンジンを開発したと発表した。NECの社内評価では、マスク着用時での1:1認証の認証率は99.9%以上になった。同エンジンは、NECが販売している生体情報サービス「Bio-IDiom Services」や映像分析ソフトウェア「NEC 映像分析基盤」などに組み込む形で同年10月上旬から順次販売する。

 NECがマスク特化型の顔認証エンジンを開発した。NECの社内評価では、マスク着用時での1:1認証の認証率は99.9%以上と、精度が高い。マスクの色や柄を問わずに顔を認証できるため、実用性も高い(写真1)。

写真1:NECは、マスク着用に特化した顔認証エンジンを開発した。マスクの色や柄を問わずに顔を認証できる(出典:NEC)写真1:NECは、マスク着用に特化した顔認証エンジンを開発した。マスクの色や柄を問わずに顔を認証できる(出典:NEC)

 同エンジンは、2020年10月上旬から順次、以下の表1に示した3つの既存製品サービスに搭載する。2020年9月末からは、NECが本社ビル1Fのウォークスルー入退場ゲートで実施している顔認証による入退場管理の実証実験に同エンジンを適用する。

表1:マスク特化型の顔認証エンジンを搭載する予定の製品(出典:NEC)
製品名 特徴 提供予定日
NEC 映像分析基盤 顔認証と混雑度検知などの映像分析機能を用途に応じて組み合わせ、複合的な映像分析アプリケーションを効率的に構築するための統合型ソフトウェア基盤 2020年11月上旬
Bio-IDiom Services 顔など各種の生体情報を活用してマルチモーダル生体認証を実現するサービス 2020年10月上旬
NEC AI Accelerator 撮影画像から顔を検出する処理および特徴点を抽出する処理をエッジ側で行い、顔認証プロセス全体を高速化・効率化するエッジ処理デバイス 2020年10月上旬

 NECは以前から、マスクを着用していても使える顔認証エンジンを提供してきた。今回、マスクの着用に特化した顔認証エンジンを開発して、マスク着用時の顔認証精度を高めた。

 以前の顔認証エンジンでは、目、鼻、口などの位置や形、大きさなどの特徴点を抽出して照合する。これに対して今回開発したエンジンは、マスクで覆われていない目の周辺に重点を置いて、特徴点を抽出して照合する。

●Next:マスク着用時の顔認証プロセス

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

NEC / 顔認証 / 新型コロナウイルス / BCP

関連記事

Special

-PR-

NEC、マスク特化型の顔認証エンジンを開発、2020年10月から搭載製品を順次出荷NECは2020年9月24日、マスク着用時でも認証できる、マスク特化型の顔認証エンジンを開発したと発表した。NECの社内評価では、マスク着用時での1:1認証の認証率は99.9%以上になった。同エンジンは、NECが販売している生体情報サービス「Bio-IDiom Services」や映像分析ソフトウェア「NEC 映像分析基盤」などに組み込む形で同年10月上旬から順次販売する。

PAGE TOP