[新製品・サービス]

NEC、ローカル5Gの構築運用支援サービスを開始、運用サービスは機器込みで月額100万円から

2020年11月27日(金)IT Leaders編集部

NECは2020年11月26日、企業や自治体などが自らの建物や敷地に自営の5Gネットワークを構築して利用する「ローカル5G」のサービスメニューを用意し、提供を開始した。5Gの企画・導入から運用までの様々な段階に合わせたサービスメニューを用意している。販売目標として、2025年度までにローカル5G関連製品・サービスを含む関連ビジネス全体で2000億円を掲げる。

 NECは、企業や自治体などが自らの建物や敷地に自営の5Gネットワークを構築して利用する「ローカル5G」のサービスメニューを用意した(図1)。5Gの企画・導入から運用まで様々な段階に合わせ、「コンサルティングサービス」、「インテグレーションサービス」、「マネージドサービス」の3つを用意した。

図1:ローカル5Gサービスの一覧(出典:NEC)図1:ローカル5Gサービスの一覧(出典:NEC)
拡大画像表示

 コンサルティングサービスでは、ローカル5Gを構築する準備段階に必要な企画・要件定義から電波測定、5G端末検証、実証実験を提供する。顧客企業のニーズと現地環境に適したネットワークサービスを提案するほか、今後の進め方を提案する。価格は、個別見積もり。

 インテグレーションサービスでは、ネットワークの専門家が、無線局免許の取得支援から、ネットワーク構築に至る現地調査、設計、検証を実施し、ネットワークを構築する。今回、5G基地局のラインアップにSub6(4.7GHz)帯域対応のSA型を加えている。価格は、個別見積もり。

 マネージドサービスでは、5Gネットワークの常時監視(24時間・365日対応)や問い合わせ対応、保守手配・復旧対処といった、運用に関する業務をサービス提供する。また、コアネットワークや基地局といった、5Gシステムを構成する機器をセットで提供する。価格(税別)は、月額100万円から(機器提供を含む)。

 なお、NECの玉川事業場内で2020年3月から運用している顧客企業との共創施設「ローカル5Gラボ」では、実際にローカル5Gを体感し、ユーザーの機器と5Gネットワークを接続してユースケースを検証できる。

 背景には、ローカル5Gの導入には、所管当局への無線局免許の申請手続きや電波特性を考慮したネットワーク設計、運用保守など多くの専門的な知見・ノウハウが必要になっている状況がある。

関連キーワード

NEC / ローカル5G / マネージドサービス

関連記事

Special

-PR-

NEC、ローカル5Gの構築運用支援サービスを開始、運用サービスは機器込みで月額100万円からNECは2020年11月26日、企業や自治体などが自らの建物や敷地に自営の5Gネットワークを構築して利用する「ローカル5G」のサービスメニューを用意し、提供を開始した。5Gの企画・導入から運用までの様々な段階に合わせたサービスメニューを用意している。販売目標として、2025年度までにローカル5G関連製品・サービスを含む関連ビジネス全体で2000億円を掲げる。

PAGE TOP