[事例ニュース]

任天堂、「Nintendo Switch Online」の運営基盤にAWSを採用

2020年12月29日(火)IT Leaders編集部

任天堂がゲーム機「Nintendo Switch」のオンラインサービス「Nintendo Switch Online」の運営基盤としてAWS(Amazon Web Services)を採用した。アマゾン ウェブ サービス ジャパンが2020年12月25日に発表した。

 任天堂の「Nintendo Switch Online」(画面1)は、同社が2018年9月に開始した有料サービスで、世界で2600万ユーザーを超える会員(2020年9月16日発表)が利用している。

 今回、同サービスの運営基盤にAWSを採用し、Nintendo Switchユーザー向けにゲームソフトのオンラインプレイ、セーブデータ保管、スマートフォン向けアプリなどの機能を提供する。パブリッククラウドの特性を生かして、ゲームプレイのデマンドの拡大に応じて容易にスケールさせることができ、伸び続ける会員数/サービス規模の増大に対して柔軟に対応できるようになるとしている。

 任天堂がゲームの運営基盤にAWSを採用したのは2011年で、以降、ニンテンドー3DSやWii Uのオンラインサービス機能の基盤に用いてきた経緯がある。Nintendo Switchにおいても、ユーザーへのプッシュ通知や、ダウンロードサービスのニンテンドーeショップなど、さまざまな機能でAWSを活用してきた。

 任天堂はAWSのサービス群を用いてサーバーレスコンピューティング環境を構築している。MySQL対応のクラウドRDBMS「Amazon Aurora」、コンピューティングエンジン「AWS Fargate」、フルマネージド型コンテナオーケストレーションサービス「Amazon Elastic Container Service(ECS)」などを利用する。

画面1:「Nintendo Switch Online」のWebサイト(https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/onlineservice/)
拡大画像表示
関連キーワード

任天堂 / AWS / エンターテインメント / Aurora / コンテナ / サーバーレス / EC

関連記事

Special

-PR-

任天堂、「Nintendo Switch Online」の運営基盤にAWSを採用任天堂がゲーム機「Nintendo Switch」のオンラインサービス「Nintendo Switch Online」の運営基盤としてAWS(Amazon Web Services)を採用した。アマゾン ウェブ サービス ジャパンが2020年12月25日に発表した。

PAGE TOP