[新製品・サービス]

ストアドプロシージャをJavaScriptで記述可能、Oracle Database 21cの新機能を説明

2021年2月12日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本オラクルは2021年2月12日、会見を開き、データベースサーバーソフトウェアの現行新版「Oracle Database 21c」の新機能を説明した。21cでは、ストアドプロシージャをJavaScriptで記述できるようにしたほか、データの改竄がないことをブロックチェーンで保証する機能などを追加している。同社は他社製品と比べたOracle Databaseのメリットとして、各種のデータタイプを統合して単一のSQLでアクセスできるようにした“コンバージドデータベース”のコンセプトをアピールした。

 「Oracle Database 21c」は、オラクルのデータベースサーバーソフトウェアの現行バージョンである。記事執筆時点では、クラウドサービスのOracle Cloudで利用できる。無料で試せる「Oracle Cloud Free Tier」も用意している。オンプレミス版(Linux版、Windows版、Exadata)については、まもなく提供する予定である。

 Oracle Database 21cでは、216の新機能を追加した(図1)。なお、ミッションクリティカルな業務システムには長期のサポートが重要であることから、1つのバージョンを長く使いたいユーザーに向けて、Oracle Database 21cで追加した新機能をOracle Database 19cでも使えるように準備している。

図1:Oracle Database 21cで追加した主な新機能(出典:日本オラクル)図1:Oracle Database 21cで追加した主な新機能(出典:日本オラクル)
拡大画像表示

ストアドプロシージャをGraalVM JavaScriptで記述可能に

 21cの新機能の1つが、データベースサーバー側でデータ処理ロジックを記述して実行できるストアドプロシージャ(STP)の開発言語を増やしたことである。新たに、JavaScriptで記述できるようにした。JavaScriptの実行エンジンとして、汎用ランタイムのGraalVMを使う。これにより、PL/SQL、Java、JavaScriptの3つの言語でストアドプロシージャを記述できるようになった。

 データが改竄されていないことを保証するブロックチェーンテーブルも実装した。データを暗号化して電子署名をチェーン化する仕組み。電子署名によってデータの正当性をチェックできる。ユーザーやアプリケーションからは、通常のデータベーステーブルとしてアクセスできる。

 マシンラーニング(機械学習)も実装した。データベースにアクセスするアプリケーションに予測機能を追加できる。アプリケーションに必要なマシンラーニングのアルゴリズムをOracle Databaseに組み込んで提供する。アプリケーションの中でデータ入力の推奨値を提示したり、不正なデータを検知したりできる。

 ストレージアクセスによる性能のボトルネックを排除する策として、DIMM型の不揮発性メモリー「Intel Optane DC Persistent Memory」も使えるようにした。OSやネットワークのソフトウェアスタックをバイパスするRDMAと組み合わせて利用することで、レイテンシを減らし、より高いスループットを実現する。

目的別の複数のデータベースを統合してSQLでアクセス

 会見では、21cで追加した新機能のほかに、“コンバージドデータベース”というコンセプトをアピールした。用途別に分かれていた各種のデータベースを1つに統合して、これを単一のSQLインタフェースでアクセスできるようにしている。

 「アプリケーションから見たら、目的別のデータベースはナンセンスだ」と、日本オラクルの三澤智光社長は指摘する。

 現在は、様々なデジタルデバイスから、それぞれに応じた目的別のデータベースにアクセスしている。これらはすべてインタフェースが異なっている。これに対してOracle Databaseは、目的別のデータベースをプラガブルな形で統合し、SQLでアクセスできるようにしているとアピールしている。

関連キーワード

Oracle Database / ストアドプロシージャ / Oracle

関連記事

Special

-PR-

ストアドプロシージャをJavaScriptで記述可能、Oracle Database 21cの新機能を説明日本オラクルは2021年2月12日、会見を開き、データベースサーバーソフトウェアの現行新版「Oracle Database 21c」の新機能を説明した。21cでは、ストアドプロシージャをJavaScriptで記述できるようにしたほか、データの改竄がないことをブロックチェーンで保証する機能などを追加している。同社は他社製品と比べたOracle Databaseのメリットとして、各種のデータタイプを統合して単一のSQLでアクセスできるようにした“コンバージドデータベース”のコンセプトをアピールした。

PAGE TOP