システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTTデータ先端技術、アジャイルフレームワーク「SAFe」の導入支援サービスを開始

2021年3月17日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ先端技術は2021年3月17日、大規模アジャイルフレームワーク「Scaled Agile Framework」(SAFe)の導入とシステム構築への適用を支援するSIサービスを開始すると発表した。ユーザー企業によるSAFeの導入をアーキテクチャ面から支援する。NTTデータ先端技術は、2024年にSAFe Program Consultant資格者を50人、売上50億円を目指す。

 Scaled Agile Framework(SAFe)は、米Scaled Agileが開発・提唱する、大規模なアジャイル開発を成功させるために必要な役割、責任、成果物、アクティビティをまとめた知識体系/フレームワークである(図1)。

 50~125人のプロジェクト従事者で構成する小規模なプロジェクトから、数千人を必要とする大規模なプロジェクトまでをカバーする。テキスト、図、動画などを用いて、Webコンテンツの形で公開している(関連記事アジャイル開発のノウハウをWebで無料公開、Scaled Agileがノウハウ集「SAFe」を説明)。

図1:SAFeフレームワーク(出典:米Scaled Agile)図1:SAFeフレームワーク(出典:米Scaled Agile)
拡大画像表示

 SAFeを利用しているSIベンダーの1社がNTTデータである。受託したシステム開発案件や自社サービスの開発案件にSAFeを適用できるように、アジャイル開発を適用するための方法論とツールを社内で整備している(関連記事NTTデータ、デジタル変革を支援する組織体制を整備、コンサルサービスとアジャイル開発に注力)。

 今回、NTTデータ先端技術は、SAFeを導入して活用したいユーザー企業に向けて、SAFeの導入とシステム構築への適用を支援するサービスを開始する。SAFeを利用したスクラム(Scrum)開発を支援するほか、SAFeの導入が成功するようにシステムアーキテクチャ面での支援を実施する。システムアーキテクチャについては、ITの側面だけでなく組織やプロセスも同時に対象とする。

 同社が提供するサービスは表1のとおり。

表1:NTTデータ先端技術のSAFe導入支援サービス(出典:NTTデータ先端技術)
サービス名 サービスの概要
大規模アジャイル実行支援
  • 全体を統合するアーキテクト支援
  • SM(スクラムマスター)の支援
大規模アジャイルアーキテクト
  • アーキテクチャ標準の提供
  • 顧客環境に合わせた導入支援
  • 技術選定・検証
Scrum開発
  • プロジェクト計画支援
  • アジャイル開発チームの提供
  • 各種ロール人材の提供
SAFe人材育成
  • SAFeメンバー研修
  • SAFeリーダーへのコーチング
  • RTEのトレーニング
関連キーワード

NTTデータ先端技術 / SAFe / Scaled Agile / アジャイル / スクラム / ビジネスフレームワーク

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ先端技術、アジャイルフレームワーク「SAFe」の導入支援サービスを開始NTTデータ先端技術は2021年3月17日、大規模アジャイルフレームワーク「Scaled Agile Framework」(SAFe)の導入とシステム構築への適用を支援するSIサービスを開始すると発表した。ユーザー企業によるSAFeの導入をアーキテクチャ面から支援する。NTTデータ先端技術は、2024年にSAFe Program Consultant資格者を50人、売上50億円を目指す。

PAGE TOP