開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTTテクノクロス、Web画面の操作性を後付けで改善できる「BizFront/SmartUI」に新版

複数のWebシステムをまたいだ操作・入力が可能に

2021年4月1日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTテクノクロスは2021年3月31日、システムには手を加えずにWeb画面だけを後付けで改善する開発ツール「BizFront/SmartUI」をバージョンアップすると発表した。新版では、複数の異なるWebシステム間を横断的にナビゲーションできるようになった。2021年4月14日から提供する。価格(税別)は、年額65万円から。

 BizFront/SmartUIは、システム改修を行うことなく、Webシステムの画面を改善できるツールである(関連記事NTTテクノクロス、既存のWeb画面にプルダウンなどを後付けできるツールBizFront/SmartUI)。

 既存システムの入力画面において手入力が必要な項目に、プルダウンリストやラジオボタンなどの選択肢を、後付けで表示できる。文字を入力する手間が省ける。入力値のチェック機能を追加すれば、入力ミスを未然に防げる。

 既存のWeb画面を改造することなく、UI部品(プルダウンリストやラジオボタンなど)を追加し、これを既存のWeb画面と連携させられる。あたかもUI部品が既存のWeb画面に最初から備わっていたかのように、一体的に表示させられる。

複数のWebシステムをまたがった操作をナビ可能に

 今回の新版では、単一のWebシステムの操作をナビゲーションするだけでなく、複数の異なるWebシステム間を横断的にナビゲーションする使い方ができるようになった(図1)。一連の業務処理の中で、次に行うべき手順や利用すべきWebシステムを示せる。

図1:Webシステム間を横断的にナビゲーションできる(出典:NTTテクノクロス)図1:Webシステム間を横断的にナビゲーションできる(出典:NTTテクノクロス)
拡大画像表示

 例えば、社員が引っ越した際、住所変更にともなって、住所管理システム、通勤経路システム、住宅手当システムなどの複数のシステムでの手続きが発生する。この場合でも、Web画面のナビゲーションに従うだけで、すべての変更手続きを行えるようになった。

異なるWebシステム間で入力情報を引き継げる

 異なるWebシステム間で入力情報を引き継ぐ機能も搭載した。要素技術として、NTTアクセスサービスシステム研究所が開発した「クライアントサイド情報連携技術」を利用している(図1)。同技術は、複数の異なるWebシステムを連携させるために必要な情報を、Web画面(クライアントサイド)で管理する。

図2:異なるWebシステム間で情報を連携させられる(出典:NTTテクノクロス)図2:異なるWebシステム間で情報を連携させられる(出典:NTTテクノクロス)
拡大画像表示

 一般に、異なるWebシステム間で情報を連携させる場合、サーバー側でAPI連携やデータベース接続などを行う必要がある。これに対し、新版ではクライアントサイドで情報を管理する。Webシステムを改修することなく、別のWebシステムに投入した情報を、他のWebシステムに転記できる。

関連キーワード

NTTテクノクロス / BizFront/SmartUI

関連記事

Special

-PR-

NTTテクノクロス、Web画面の操作性を後付けで改善できる「BizFront/SmartUI」に新版NTTテクノクロスは2021年3月31日、システムには手を加えずにWeb画面だけを後付けで改善する開発ツール「BizFront/SmartUI」をバージョンアップすると発表した。新版では、複数の異なるWebシステム間を横断的にナビゲーションできるようになった。2021年4月14日から提供する。価格(税別)は、年額65万円から。

PAGE TOP