[新製品・サービス]

SAPジャパン、製造業のデジタル化を伴走型で支援する「Industry 4.Now推進サービス」を開始

2021年4月13日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SAPジャパンは2021年4月13日、製造業によるデジタル化への取り組みをSAPジャパンが伴走型で支援するサービス「Industry 4.Now推進サービス」を開始した。計画を具体化・実装・活用し続ける道のりを、伴走して支援するとしている。課題の抽出と優先度の設定、ロードマップの定義、プロトタイプの検証、導入/継続的改善、の4つのステップで支援する。

 Industry 4.Now推進サービスは、製造業によるデジタル化への取り組みをSAPジャパンが伴走型で支援するサービスである(図1)。デジタル化の計画を具体化し、実装し、活用し続ける道のりを、SAPジャパンがユーザー(製造業)に伴走する形で支援するとしている。

図1:「Industry 4.Now推進サービス」の具体的なサービス内容(出典:SAPジャパン)図1:「Industry 4.Now推進サービス」の具体的なサービス内容(出典:SAPジャパン)
拡大画像表示

 4つのステップで支援する。(1)課題の抽出と優先度の設定、(2)ロードマップの定義、(3)プロトタイプの検証、(4)導入/継続的改善、である。

 (1)第1のステップでは、50項目のアセスメントシートを使ってデジタル化の成熟度を評価する。評価に基づいて改善の機会を深堀りし、最初に着手すべきテーマを決定するなど、今後の方針や進め方を確認する。グローバルでは、成熟度評価はセルフサービスとして提供しているが、日本では評価段階からSAPジャパンがユーザーとともに実施する。

 (2)第2のステップでは、ロードマップを定義し、プロトタイプを計画して準備する。改善テーマを実現する上で必要になる構成要素を明らかにし、改善のロードマップを作成する。

 (3)第3のステップでは、プロトタイプを検証する。改善テーマを実現する上で必要な構成要素について、実現性をプロトタイプで実証する。ロードマップの妥当性を確認する。

 (4)第4のステップでは、ロードマップに基づき、必要な構成要素を順次実装する。SIベンダー主体で導入する場合は、第3段階までにおける知識の移行を適切に行うなどして、適した方法で導入を進められるように支援する。

 なお、SAPジャパンは2020年9月、製造業のデジタル化を支援する組織「Industry 4.Now HUB TOKYO」を設立している(関連記事SAPジャパン、製造業のデジタル化を支援する組織「Industry 4.Now HUB TOKYO」を設立)。背景には、製造業をデジタル化する取り組みの多くがPoC(概念検証)の段階にとどまっていたり、取り組みが製造現場に閉ざされていたりする事情がある。

 Industry 4.Now HUB TOKYOの設立によってユーザーは、デジタル化のイメージを描けるようになった。しかし、まだ不十分であり、「何から手を付ければよいか分からない」といった課題も顕在化してきた。これを解消するために今回、伴走型でデジタル化を支援するサービスを商品化した。

関連キーワード

Industry 4.Now / SAP / 製造 / デジタルトランスフォーメーション

関連記事

Special

-PR-

SAPジャパン、製造業のデジタル化を伴走型で支援する「Industry 4.Now推進サービス」を開始SAPジャパンは2021年4月13日、製造業によるデジタル化への取り組みをSAPジャパンが伴走型で支援するサービス「Industry 4.Now推進サービス」を開始した。計画を具体化・実装・活用し続ける道のりを、伴走して支援するとしている。課題の抽出と優先度の設定、ロードマップの定義、プロトタイプの検証、導入/継続的改善、の4つのステップで支援する。

PAGE TOP