システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[市場動向]

SAPジャパン、製造業のデジタル化を支援する組織「Industry 4.Now HUB TOKYO」を設立

2020年9月15日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SAPジャパンは2020年9月15日、製造業のデジタル化を支援するグローバル組織「Industry 4.Now HUB TOKYO(インダストリー・フォードットナウ・ハブ・トウキョウ)」を設立した。PoC(概念実証)だけでなく、PoC後のプロジェクトも含め、インダストリー4.0の具現化を支援する。

 独SAPやSAPジャパンは、製造業のデジタル化を進めるプログラム「Industry 4.Now」を推進している。今回、ユーザー企業(製造業)による取り組みを具体的に支援する組織としてIndustry 4.Now HUB TOKYOを設立した。

 背景には、多くのユーザー企業が製造業をデジタル化するインダストリー4.0を重要な経営課題と捉えている一方で、PoCの段階にとどまっている企業が大半を占めている状況がある。さらに、取り組みは製造現場に閉ざされている。

 SAPジャパンは、こうした課題を解消するため、Industry 4.Now HUB TOKYOを設立した。Industry 4.Now HUB TOKYOでは、具体的なショーケースを含むワークショップ、製品を学習する機会、パートナーによる製品サービス、――などを提供する(図1)。

図1:「Industry 4.Now HUB TOKYO」で支援する、インダストリー4.0化(製造業のデジタル化)支援の流れ(出典:SAPジャパン)図1:「Industry 4.Now HUB TOKYO」で支援する、インダストリー4.0化(製造業のデジタル化)支援の流れ(出典:SAPジャパン)
拡大画像表示

 まず、具体的なショーケースを含むワークショップを通じて、デジタル化の企画を支援する。実際にインダストリー4.0化した事例を示すとともに、リアルおよびバーチャルなワークショップを通じて、問題意識の顕在化やアイデアの創出へとつなげる。

 日本においては、三菱電機と協力し、東京・大手町の共創イノベーション施設「SAP Experience Center Tokyo」内にショーケースを用意した。ダブルシートバルブを製造販売する製造業を想定し、バルブヘッドユニット組立工程における顧客注文時選定仕様の連携と、製造現場における協働ロボットの活用を紹介する。

 具体的には、OPC-UA(産業通信用のデータ交換の国際標準)に準拠したSAPの製品サービスと、Edgecross(エッジコンピューティング領域のソフトウェア基盤)に対応した三菱電機の産業用PC、シーケンサ、協働ロボットを連携させている。

 次に、インダストリー4.0関連製品について学習できる機会を提供する。全社的なインダストリー4.0化は、多くの企業がいまだに取り組んでいない領域であるため、適切な人材を育成していくことも非常に重要である。これに対して独SAPやSAPジャパンのナレッジを提供することで、人材育成を支援する。

 パートナーによる製品サービスも提供する。独SAPは、インダストリー4.0の取り組みを共同推進するアライアンスであるOpen Industry 4.0 Allianceに創立メンバーとして参画している。日本企業でアライアンスに参加している富士通などに支援してもらうとしている。

関連キーワード

SAPジャパン

関連記事

Special

-PR-

SAPジャパン、製造業のデジタル化を支援する組織「Industry 4.Now HUB TOKYO」を設立SAPジャパンは2020年9月15日、製造業のデジタル化を支援するグローバル組織「Industry 4.Now HUB TOKYO(インダストリー・フォードットナウ・ハブ・トウキョウ)」を設立した。PoC(概念実証)だけでなく、PoC後のプロジェクトも含め、インダストリー4.0の具現化を支援する。

PAGE TOP