[調査・レポート]

2021年、日本のIT支出総額は27兆9730億円に、成長率が最も高いのは教育業界─ガートナー

2021年5月25日(火)IT Leaders編集部

ガートナー ジャパンは2021年5月24日、2021年の日本のIT支出総額が、2020年から2.6%増の27兆9730億円に達するという予測を発表した。同社予測の業種別成長率で最も高いのは教育(6.8%)で、政府官公庁/地方自治体(6.1%)、電力/ガス/水道(5.0%)がこれに続いている。

 ガートナー ジャパンの調査によると、2020年の日本のIT支出は、2019年に比べて2.7%減少している(表1)。要因として、高い成長率を示した2019年からの反動に加え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を指摘している。「一部の業種では業績回復の兆しも見られるが、多くの企業は手元資金の確保を優先するため、IT投資の回復が本格化するのは2021年秋以降になる」(ガートナー)

表1:日本の業種別IT支出予測(単位:億円)(出典:ガートナージャパン)表1:日本の業種別IT支出予測(単位:億円)(出典:ガートナージャパン)
拡大画像表示

 ガートナーは、2021年の日本のIT支出総額として、2020年から2.6%増の27兆9730億円になると予測している。2021年のIT支出は2020年を上回るが、2020年の減少分を取り戻すまでには至らず、支出規模が2019年の水準に戻るのは2022年以降になると同社は見ている。

 産業によって業績の明暗が分かれている。2020年、特に深刻な影響を受けた業種は運輸、小売、製造/天然資源であり、同年の成長率はそれぞれ-12.0%、-11.3%、-9.0%だった。同社はこれらの業種について、2021年の成長率も-0.4%、1.5%、1.6%と、市場全体を下回る値を予測している。

 一方で、2020年の成長率が最も高かった教育(6.8%)、政府官公庁/地方自治体(4.3%)については、2021年もそれぞれ6.8%、6.1%と高い成長を見込んでいる。これらに続くのが電力/ガス/水道(5.0%)、保険(3.4%)、銀行/証券(3.3%)の各業種である。

●Next:製造業のIT支出の先行きは?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Gartner / IT支出 / 市場調査 / 新型コロナウイルス / 教育

関連記事

Special

-PR-

2021年、日本のIT支出総額は27兆9730億円に、成長率が最も高いのは教育業界─ガートナーガートナー ジャパンは2021年5月24日、2021年の日本のIT支出総額が、2020年から2.6%増の27兆9730億円に達するという予測を発表した。同社予測の業種別成長率で最も高いのは教育(6.8%)で、政府官公庁/地方自治体(6.1%)、電力/ガス/水道(5.0%)がこれに続いている。

PAGE TOP