データセンター データセンター記事一覧へ

[調査・レポート]

コロナの影響を受けた国内ITインフラサービス市場、2021年以降は回復へ─IDC Japan

2021年5月26日(水)IT Leaders編集部

IDC Japanは2021年5月24日、国内ITインフラストラクチャサービス市場の予測を発表した。2020年の同市場は1兆7053億円で、前年比1.7%減だった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を受けた。2021年以降は売上が回復し、2025年の市場規模は1兆8702億円、2020年~2025年のCAGR(年間平均成長率)は1.9%になると予測している。

 IDC Japanは、国内ITインフラストラクチャサービス市場の予測を発表した。2020年の同市場は1兆7053億円で、前年比1.7%減だった(図1)。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を受けた。2021年以降は売上が回復し、2025年の市場規模は1兆8702億円、2020年~2025年のCAGR(年間平均成長率)は1.9%になると予測している。

図1:国内ITインフラストラクチャサービス市場の支出額予測、2020年~2025年(出典:IDC Japan)図1:国内ITインフラストラクチャサービス市場の支出額予測、2020年~2025年(出典:IDC Japan)

 国内ITインフラサービス市場をアクティビティタイプ別に見ると、「設計/構築」セグメントは、2020年に3452億円で、前年比成長率は4.2%減だった。COVID-19の感染拡大による悪影響があった一方で、リモートワーク対応や、リモートワーク対応に伴うセキュリティやネットワークの強化など、ITインフラ見直しの需要が高まったという。

 「設計/構築」セグメントの市場規模は2021年以降回復する。SI案件の再開、リモートワーク対応やITインフラの見直し、デジタル変革を支援するITインフラ構築の需要に支えられ、堅調な成長を維持するとIDC Japanは見ている。2020年~2025年のCAGRを3.0%と算出している。

 「運用/保守」セグメントは、2020年に1兆3602億円で、前年比成長率は1.0%減だった。リモートワーク対応のためのVDI(デスクトップ仮想化基盤)やDaaSの利用、クラウド、リモート運用/保守の需要が高まり、COVID-19の影響は設計/構築より小さかったという。

 「運用/保守」セグメントの市場規模は2021年以降回復する。VDIやDaaS、クラウドの導入拡大、ハイブリッド/マルチクラウド環境の包括的マネージドサービス、マネージドセキュリティサービスなどへの需要に支えられ、安定した成長を維持すると同社は見ている。2020年~2025年のCAGRは1.6%と予測している。

●Next:国内企業のITインフラ投資、今後、伸びる業種は?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

IDC / 市場調査 / 市場予測 / 新型コロナウイルス

関連記事

Special

-PR-

コロナの影響を受けた国内ITインフラサービス市場、2021年以降は回復へ─IDC JapanIDC Japanは2021年5月24日、国内ITインフラストラクチャサービス市場の予測を発表した。2020年の同市場は1兆7053億円で、前年比1.7%減だった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を受けた。2021年以降は売上が回復し、2025年の市場規模は1兆8702億円、2020年~2025年のCAGR(年間平均成長率)は1.9%になると予測している。

PAGE TOP