[新製品・サービス]

サイバートラスト、WindowsアプリからマイナンバーカードのICチップ情報を読み出し可能に

2021年6月16日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

サイバートラストは2021年6月16日、マイナンバーカードや運転免許証などのICチップから情報を読み出せるライブラリ「iTrust 本人確認サービス eKYC ライブラリ」の稼働環境を拡大したと発表した。スマートフォン(Android/iOS)だけでなくWindows環境でも使えるようにした。Windowsアプリケーションに組み込むことで、WindowsアプリケーションからICチップを読み出せるようになる。2021年6月25日から提供する。

 サイバートラストは、eKYC(オンライン本人確認)サービス「iTrust 本人確認サービス」を提供している。マイナンバーカードに格納されている公的個人認証(JPKI)の電子証明書を用いて本人を確認する(関連記事本人確認と電子署名に特化した認証サービス、サイバートラストが「iTrust」としてブランド化)。

 iTrust 本人確認サービスでは、マイナンバーカードと公的個人認証サービスを使って、オンラインで本人確認や所在確認などを行える。これまで本人確認書類の郵送など書面ベースで行っていたプロセスを電子化できる。

 オプションで、マイナンバーカードのICチップから情報を読み取る機能をソフトウェア開発ライブラリ化した「eKYC ライブラリ」を提供している(図1)。ICカードリーダー(NFC Type-B)と組み合わせるだけで、ICチップの情報を読み取って活用できる。マイナンバーカードだけでなく、運転免許証、在留カード、特別永住者証明書のICチップからも情報を読み出せる。

図1:マイナンバーカードや運転免許証などのICチップから情報を読み出せるライブラリ「iTrust 本人確認サービス eKYC ライブラリ」の概要(出典:サイバートラスト) 図1:マイナンバーカードや運転免許証などのICチップから情報を読み出せるライブラリ「iTrust 本人確認サービス eKYC ライブラリ」の概要(出典:サイバートラスト)
拡大画像表示

 eKYC ライブラリをアプリケーションに組み込むと、J-LIS(地方公共団体情報システム機構)が提供している「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」を別途ダウンロード/インストールすることなく、マイナンバーカードを用いた公的個人認証による本人確認が可能になる。これにより、利用者の利便性が向上する。

スマホだけでなくWindowsからICチップを読み取り可能に

 従来、eKYC ライブラリは、スマートフォンアプリ(Android 5.0以上およびiOS 13以上)に組み込んで利用できていた。今回、窓口業務など各種シーンで利用できるように、Windowsアプリケーションに組み込めるライブラリを用意した。Windows 7/10(32ビット/64ビット)環境で利用できる。

 背景として同社は、携帯電話・各種保険の契約や口座開設など、本人確認業務を含む窓口や無人契約機などでの手続きにおいて、有人無人を問わず店舗での本人確認業務のデジタル化のニーズが増し、店舗窓口のWindows端末でICカードを読み取るニーズが増えている状況を挙げる。

 ICチップから読み取り可能な情報の例は、表1のとおりである。

表1:ICチップから読み取り可能な情報の例
マイナンバーカード 公的個人認証を用いた本人確認に関わる各種情報
署名用電子証明書からの基本4情報(氏名、住所、生年月日、性別)
カード券面記載事項(氏名など)
カード券面画像(顔写真など)
マイナンバーテキストと画像
運転免許証 記載事項(本籍除く)
本籍
カード券面画像(顔写真)
在留カードおよび特別永住者証明書 カード券面画像(表面、顔写真など)
カード裏面記載事項(許可欄など)
関連キーワード

サイバートラスト / eKYC

関連記事

Special

-PR-

サイバートラスト、WindowsアプリからマイナンバーカードのICチップ情報を読み出し可能にサイバートラストは2021年6月16日、マイナンバーカードや運転免許証などのICチップから情報を読み出せるライブラリ「iTrust 本人確認サービス eKYC ライブラリ」の稼働環境を拡大したと発表した。スマートフォン(Android/iOS)だけでなくWindows環境でも使えるようにした。Windowsアプリケーションに組み込むことで、WindowsアプリケーションからICチップを読み出せるようになる。2021年6月25日から提供する。

PAGE TOP