[調査・レポート]

2020年の国内サーバー/ストレージ市場シェアは富士通、NEC、デル、HPE、日立、IBMの順─IDC

2021年6月21日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2021年6月21日、企業向けのサーバー/ストレージ製品の国内市場規模とベンダーシェアを発表した。2020年のサーバー/ストレージ市場は前年比5.4%減の6701億300万円で、COVID-19の流行に伴う経済活動の停滞によって低迷した。ベンダーシェアは、富士通、NEC、デル・テクノロジーズ、HPE、日立製作所、IBMの順となった。上位6社の前年比成長率は、富士通とデルの2社がプラス成長、他の4社がマイナス成長だった。

 IDC Japanは、企業情報システム向けのサーバー/ストレージ製品について、国内のベンダーシェアを発表した。1位が富士通で、以下、NEC、デル・テクノロジーズ、HPE、日立製作所、IBMの順だった(図1)。

 上位6社の前年比成長率は、富士通とデルの2社がプラス成長、他の4社がマイナス成長だった(関連記事2019年の国内サーバー/ストレージ市場のシェア順位は富士通、NEC、HPE、デル、日立、IBM─IDC)。

図1:国内エンタープライズインフラ市場 売上額シェア、2020年(出典:IDC Japan)図1:国内エンタープライズインフラ市場 売上額シェア、2020年(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 2020年の国内サーバー/ストレージ市場は、前年比5.4%減の6701億300万円だった。COVID-19の流行に伴う経済活動の停滞が影響したかたちとなった。

 2020年の売上額構成比をシステムタイプ別に見ると、SoR(Systems of Record)が38.1%、SoE(Systems of Engagement)/SoI(Systems of Insight)が11.8%、その他(システム基盤や機器/装置制御システムなど)が50.2%を占めた。SoRは、前年比10.5%減の2550億1500万円、SoE/SoIは、前年比13.0%減の788億4600万円、その他が前年比1.1%増の3362億4200万円だった。

 IDC Japanは、COVID-19の影響で市場全体が停滞する中で、その他のシステムタイプがプラス成長をはたしたのは、「公的機関向け大型スーパーコンピュータの出荷があったから」と説明する。同社によると、調査では、2020年には理化学研究所の「富岳」(写真1)、宇宙航空研究開発機構の「JSS3」、海洋研究開発機構の「地球シミュレーター」などの大型案件がその他に集計されているという。

写真1:理化学研究所が運用するスーパーコンピュータ「富岳」(出典:富士通)

●Next:配備モデル別で「非クラウド」が唯一売上額が上昇した理由

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

IDC / 市場調査 / ITインフラ / 富士通 / NEC / Dell / HPE / 日立製作所 / IBM

関連記事

Special

-PR-

2020年の国内サーバー/ストレージ市場シェアは富士通、NEC、デル、HPE、日立、IBMの順─IDCIDC Japanは2021年6月21日、企業向けのサーバー/ストレージ製品の国内市場規模とベンダーシェアを発表した。2020年のサーバー/ストレージ市場は前年比5.4%減の6701億300万円で、COVID-19の流行に伴う経済活動の停滞によって低迷した。ベンダーシェアは、富士通、NEC、デル・テクノロジーズ、HPE、日立製作所、IBMの順となった。上位6社の前年比成長率は、富士通とデルの2社がプラス成長、他の4社がマイナス成長だった。

PAGE TOP