[調査・レポート]

2019年の企業情報システム基盤のシェア順位は、富士通、NEC、HPE、デル、日立、IBM─IDC Japan

2020年6月16日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2020年6月16日、国内の企業情報システム基盤(サーバーと企業向けストレージ)のベンダーシェアを発表した。2019年の市場は前年比4.1%増の7129億8800万円で、富士通が前年比6.5%増でシェア22.3%を獲得して1位となった。次いでNEC、日本ヒューレット・パッカード(HPE)、デル、日立製作所、IBMの順となった。

 IDC Japanが調査・発表したのは、国内の企業情報システム基盤(サーバー製品とストレージ製品)の市場規模とベンダーシェア。2019年の市場規模は、前年比4.1%増の7129億8800万円だった。シェア1位は富士通で、前年比6.5%増だった。2位以下は、NEC、日本ヒューレット・パッカード(HPE)、デル、日立製作所、日本IBMの順となった(図1)。

図1:国内における企業情報システムのインフラ(サーバーと企業向けストレージ)市場の売上額シェア、2019年(出典:IDC Japan)図1:国内における企業情報システムのインフラ(サーバーと企業向けストレージ)市場の売上額シェア、2019年(出典:IDC Japan)

 上位ベンダー6社のうち、前年比でプラス成長となったのは、富士通、NEC、デル、日立製作所、日本IBMの5社だった。特に、NEC、日立、日本IBMの3社は、前年比で2桁増となった。

SoRが4割を占めるも、今後はSoE/SoIが成長

 売上額の構成をシステムタイプ別に見ると、SoR(Systems of Record:記録のためのシステム)が40.2%、SoE/SoI(Systems of Engagement/Insight:顧客とのつながりや洞察のためのシステム)が12.7%で、その他が47.1%を占めた。SoRが前年比3.4%増の2868億7600万円、SoE/SoIが同7.8%増の903億2000万円、その他が同3.7%増の3357億9200万円だった。

 同市場において成長余力が相対的に高いのはSoE/SoIである。SoE/SoIの成長率が相対的に高い背景には、デジタル変革関連の新規需要が厚みを増してきていることがある。特に、AIやマシンラーニング(機械学習)/ディープラーニング(深層学習)関連の需要が寄与している、とIDC Japanは見ている。

●Next:パブリッククラウドがマイナス成長、プライベートクラウドが2桁成長の理由は?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

IDC / 富士通 / NEC / HPE / Dell EMC / 日立製作所 / IBM

関連記事

Special

-PR-

2019年の企業情報システム基盤のシェア順位は、富士通、NEC、HPE、デル、日立、IBM─IDC JapanIDC Japanは2020年6月16日、国内の企業情報システム基盤(サーバーと企業向けストレージ)のベンダーシェアを発表した。2019年の市場は前年比4.1%増の7129億8800万円で、富士通が前年比6.5%増でシェア22.3%を獲得して1位となった。次いでNEC、日本ヒューレット・パッカード(HPE)、デル、日立製作所、IBMの順となった。

PAGE TOP