開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

NEC、データを暗号化したまま計算する秘密計算ソフトをクラウドで提供

2022年1月12日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2022年1月12日、データを暗号化したまま計算する秘密計算ソフトウェアをクラウド型で提供開始した。システム開発サービスの一環として提供する。秘密計算の方式のうち、ハードウェア方式(TEE方式)同日付で提供開始。2022年4月には秘密分散方式(MPC方式)も提供する。販売目標は、今後3年間で40システム。

 NECは、データを暗号化したまま計算する秘密計算ソフトウェアをクラウド型で提供開始した。システム開発サービスの一環として提供する。秘密計算の方式として、秘密分散方式(MPC:Multi-Party Computation方式)と、ハードウェア方式(TEE:Trusted Execution Environment方式)の2つを提供する(図1)。まずはハードウェア方式の提供を開始した。秘密分散方式は2022年4月から提供する。

図1:NECは、秘密計算の方式として、秘密分散方式(MPC方式)とハードウェア方式(TEE方式)を提供する(出典:NEC)図1:NECは、秘密計算の方式として、秘密分散方式(MPC方式)とハードウェア方式(TEE方式)を提供する(出典:NEC)
拡大画像表示

 秘密分散方式(MPC方式)では、データを乱数で符号化し、3つのサーバーに分散して計算する。Pythonライクで開発可能な独自の開発ツールによって、秘密計算アプリケーションを容易に開発できるとしている(関連記事NEC、データを暗号化したまま分析する“秘密計算”の開発支援ツール、Pythonライクで記述)。

 一方のハードウェア方式(TEE方式)は、Intel CPUの拡張機能で、メモリーを暗号化するIntel SGXと呼ぶハードウェア機構を利用する。安全なメモリー空間で計算する。秘密計算アプリケーションは、Pythonで容易に記述できる。データ分析時には、ユーザーが運用しているAIモデルを、修正することなくそのまま組み込める。

 NECは、ユーザーの用途に応じて、MPC方式とTEE方式から適した方式を提案する。例えば、金融や医療ヘルスケア領域など、複数の企業がデータを持ち寄って分析するシーンにはMPC方式を提案し、既存の分析アプリケーションや学習モデルの利用など、分析者が様々な分析手法を試行錯誤したいシーンではTEE方式を提案する。

関連キーワード

NEC / 秘密計算

関連記事

Special

-PR-

NEC、データを暗号化したまま計算する秘密計算ソフトをクラウドで提供NECは2022年1月12日、データを暗号化したまま計算する秘密計算ソフトウェアをクラウド型で提供開始した。システム開発サービスの一環として提供する。秘密計算の方式のうち、ハードウェア方式(TEE方式)同日付で提供開始。2022年4月には秘密分散方式(MPC方式)も提供する。販売目標は、今後3年間で40システム。

PAGE TOP