[新製品・サービス]

NEC、不要ファイルの削除を促すNASスリム化ソフト「NIAS」がBoxへのデータ移行機能を強化

2022年1月28日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2022年1月28日、ファイルサーバー管理ソフトウェア「NEC Information Assessment System」(NIAS)の新版(V4.3)を発表した。同年2月から提供する。不要ファイルの削除を促すことによってファイルサーバーのデータ量を削減するソフトウェアである。新版では、Boxへのデータ移行機能を強化し、データ移行前の棚卸機能などを追加した。

 NIASは、ファイルサーバー上にある不要ファイルの候補を検出することによって、ファイルサーバーのスリム化を支援するソフトウェアである(関連記事NEC、不要ファイルの削除を促すNASスリム化ソフトに新版、全社共通ルールで管理可能に)。Windowsファイル共有サーバーやNASストレージなどCIFS/SMB方式で動作している複数のファイルサーバーを対象に、不要ファイルの候補を検出して提示する。

 不要ファイルの候補は、ファイルサーバーの利用状況とデータの増加予測を調べてた上で作成する。この上で、ファイルの利用者にメールで整理(削除)を依頼する。重複ファイルや長期間未参照のファイルなど、あらかじめ設定したルールに合致したファイルを自動で削除する運用も可能である。

 データ移行オプションを適用すると、オンプレミスのファイルサーバーから、外部のCIFSファイル共有サーバーへとデータを移行可能になる。別機種のストレージだけでなく、AWSやAzureのようなIaaS環境上のファイルサーバーにもデータを移行可能。さらに、クラウドストレージのBoxにデータを移行する機能も持つ。重要なファイルをオンプレミス環境に残しつつ、社外で共有が必要なファイルをBoxに移行する、といった運用ができる。

ファイル名やアクセス権の棚卸でBoxへのデータ移行時のエラーを削減

 新版(V4.3)では、Boxへのデータ移行機能を強化した。ファイル名やアクセス権の棚卸機能を追加した(図1)。Boxへデータを移行する前に、アクセス権の不備があるファイルを一括で修正できる。これにより、データ移行時のエラーを減らす。また、移行時のファイル転送速度を従来比約1.4倍に向上させた。さらに、移行作業に問題が起こった際には、Boxからオンプレミス環境に切り戻せるようにした。

図1:Boxへのデータ移行前に、ファイル名やアクセス権の棚卸が可能になった。アクセス権の不備があるファイルを一括で修正できる(出典:NEC)図1:Boxへのデータ移行前に、ファイル名やアクセス権の棚卸が可能になった。アクセス権の不備があるファイルを一括で修正できる(出典:NEC)
拡大画像表示

 新版では、フォルダの作成と割り当て、アクセス権の付与などに関する申請承認ワークフローの機能も強化した(図2)。複数人の承認が必要になる多段承認機能を追加した。同機能は、ユーザーからの「承認者が複数いる場合も組織内のルールに応じてワークフローを設定したい」という声を反映したものである。

図2:フォルダの作成と割り当て、アクセス権の付与などに関する申請承認ワークフローにおいて、複数人の承認が必要になる多段承認機能を追加した(出典:NEC)図2:フォルダの作成と割り当て、アクセス権の付与などに関する申請承認ワークフローにおいて、複数人の承認が必要になる多段承認機能を追加した(出典:NEC)
拡大画像表示

 価格(税別)は、基本ライセンス(1TB)が50万円から。リソース管理オプションが50万円から。個人情報検出オプションが50万円から。データ移行オプションが50万円から。

関連キーワード

NEC / NEC Information Assessment System / Box

関連記事

Special

-PR-

NEC、不要ファイルの削除を促すNASスリム化ソフト「NIAS」がBoxへのデータ移行機能を強化NECは2022年1月28日、ファイルサーバー管理ソフトウェア「NEC Information Assessment System」(NIAS)の新版(V4.3)を発表した。同年2月から提供する。不要ファイルの削除を促すことによってファイルサーバーのデータ量を削減するソフトウェアである。新版では、Boxへのデータ移行機能を強化し、データ移行前の棚卸機能などを追加した。

PAGE TOP