[新製品・サービス]

NEC、顔認証ソフトウェア「NeoFace Monitor」新版、覗き込み検知やモバイル顔認証が可能に

2022年3月29日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2022年3月29日、顔認証セキュリティソフトウェア「NeoFace Monitor」の新版を発表した。新版では、第三者による画面の覗き込みを検知する機能や、スマートフォン/タブレットによる顔認証機能を追加した。価格(税別)と販売開始時期は、パッケージ版が1台あたり1万6800円で、同年4月6日から販売する。クラウド版が1人あたり月額300円(初回購入時は最低12カ月間、10人以上のライセンスが必要)で4月8日から販売する。販売目標として今後3年間で500社15万ライセンスを掲げる。

 NECの「NeoFace Monitor」は、クライアントPCのログイン認証などに使える、顔認証ソフトウェアである。Windowsのログイン認証やアプリケーションへのログイン認証において、ID/パスワードに代わる本人認証手段として、クライアントPCのWebカメラを用いた顔認証を利用できるようになる。クライアントPCを起動してからログアウトするまでのセキュリティを確保する(関連記事NEC、顔認証によるPCセキュリティサービス「NeoFace Monitorクラウド版」を提供)。

 今回、NeoFace Monitorをバージョンアップした。パッケージ版の新版「NeoFace Monitor V6」と、クラウド版の新版「NeoFace Monitor クラウド版 R1.2」を用意した。

 パッケージ版では、第三者による画面の覗き込みを検知する機能を追加した(図1)。クライアントPC端末のWebカメラで、ログオンユーザー以外の覗き込みを検知すると、ユーザーにポップアップ通知したり、自動的に端末をロックしたりする機能である。

図1:NeoFace Monitor V6(パッケージ版)に追加した、覗き込み検知機能の概要(出典:NEC)図1:NeoFace Monitor V6(パッケージ版)に追加した、覗き込み検知機能の概要(出典:NEC)
拡大画像表示

 パッケージ版ではさらに、自宅や外出先からクライアントPCにリモートログオンする際にも顔認証を利用できるようにした。これにより、テレワーク環境下での情報漏洩リスクを低減する。使い勝手も高めた。ログオンアカウントをプルダウンで選択できるようにしたほか、利用者自身で顔画像を撮影して登録できるようにした。

 クラウド版では、クラウドサービスへのアクセス時に、従来のクライアントPCだけでなく、外出中のスマートフォンやタブレットを介して顔認証を使えるようにした(図2)。クラウドサービスに対しては、SAML連携によるSSO(シングルサインオン)ログオンが可能である。

図2:NeoFace Monitorクラウド版R1.2に追加した、スマートフォン/タブレットを用いた顔認証サインイン機能の概要(出典:NEC)図2:NeoFace Monitorクラウド版R1.2に追加した、スマートフォン/タブレットを用いた顔認証サインイン機能の概要(出典:NEC)
拡大画像表示
関連キーワード

NEC / 顔認証 / NeoFace

関連記事

Special

-PR-

NEC、顔認証ソフトウェア「NeoFace Monitor」新版、覗き込み検知やモバイル顔認証が可能にNECは2022年3月29日、顔認証セキュリティソフトウェア「NeoFace Monitor」の新版を発表した。新版では、第三者による画面の覗き込みを検知する機能や、スマートフォン/タブレットによる顔認証機能を追加した。価格(税別)と販売開始時期は、パッケージ版が1台あたり1万6800円で、同年4月6日から販売する。クラウド版が1人あたり月額300円(初回購入時は最低12カ月間、10人以上のライセンスが必要)で4月8日から販売する。販売目標として今後3年間で500社15万ライセンスを掲げる。

PAGE TOP