[調査・レポート]

AIを“実利用”している国内企業は53.1%、前年比17.5ポイント上昇─IDC

ユースケースの1位は品質管理、2位はITオートメーション

2022年4月19日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2022年4月19日、AIシステムの利用状況についての調査結果を発表した。2022年、国内ユーザー企業においてAIシステムを実利用している割合は53.1%であり、前年調査と比べて17.5ポイント上昇した。調査は、AIシステムの利用状況を把握している担当役員や管理職、情報システム担当者などを対象に、511社に聞いた。

 IDC Japanの調査によると、2022年現在、AIシステムを実利用している国内ユーザー企業の割合は53.1%(全社的に利用している企業が19.0%、事業部門利用している企業が34.2%)だった(図1)。前年(2019年)の調査と比べて17.5ポイント上昇した(2019年は全社利用7.7%と部門利用28.0%を足して35.7%が利用)。

図1:国内ユーザー企業におけるAIの利用状況(出典:IDC Japan)図1:国内ユーザー企業におけるAIの利用状況(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 AIの利用が進んでいる具体的な要因の1つとしてIDCは、ユーザー企業がAIシステムを利用する目的(ユースケース)が増えていることを挙げる。2021年の調査では、ユーザー企業1社あたりのユースケースは3.0種類だったが、2022年の調査では3.6種類と増えている(図2)。

図2:利用しているAIのユースケース(出典:IDC Japan)図2:利用しているAIのユースケース(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 2022年のユースケースの1位は「品質管理」で34.4%、2位は「ITオートメーション」で32.4%の企業が採用している。翌年度に増加予定のユースケース数は、全体では3~5個追加予定が37.0%と最も多く、6個以上追加予定の割合も増加傾向にある。

 今回の発表は、IDC Japanが発行した『2022年 国内AIシステム/データアナリティクス市場 企業ユーザー調査』で詳細を報告している。同レポートは、ユーザー企業におけるAIシステムやアナリティクス、データ管理システムに関する利用状況や将来計画などについて、インターネット調査の結果を基に分析している。

関連キーワード

IDC / ユーザー調査 / 品質管理

関連記事

Special

-PR-

AIを“実利用”している国内企業は53.1%、前年比17.5ポイント上昇─IDCIDC Japanは2022年4月19日、AIシステムの利用状況についての調査結果を発表した。2022年、国内ユーザー企業においてAIシステムを実利用している割合は53.1%であり、前年調査と比べて17.5ポイント上昇した。調査は、AIシステムの利用状況を把握している担当役員や管理職、情報システム担当者などを対象に、511社に聞いた。

PAGE TOP